News ニュース

「24時間テレビ43」井ノ原快彦&有働由美子の“あさイチコンビ”が復活!2020/08/23

 現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

 羽鳥慎一と藤井貴彦アナウンサーの同期コンビの共演を果たした23日朝の「ZIP!」特別編後、舞台は再び両国国技館へ。午前中の企画をプレゼンする上田晋也と有働由美子も合流。

 上田は、井ノ原と有働が同じ画角に収まるのを見ると「この並び、ディレクターのいやらしさを感じる」とちゃかした。それを受けた2人は、「全国のみなさん、おはようございます!」と「あさイチ」(NHK総合)で長年コンビを組んでいた息ピッタリのあいさつを披露。井ノ原が「お久しぶりです」と笑うと、有働も「朝ドラ受けしたくなりますね」と、同番組でおなじみだった「連続テレビ小説」終了直後のコメントを懐古。間近で見ていた増田は「テレビを見ているみたいですね。貴重な経験です!」と余韻に浸った。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.