News ニュース

「24時間テレビ43」市川海老蔵と共に岸優太が大迫力の歌舞伎を披露!「必死にくらいつく思いでした」2020/08/22

 日本テレビ系では「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)を生放送。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。“コントの神様”と呼ばれ、日本中に愛されたコメディアン・志村けんさんの知られざる素顔をドキュメントやドラマ、そして彼が愛した音楽を通して描いていくスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」や、フィギュアスケートの羽生結弦選手がコロナ禍で“動いたこと”を明かしていくリモートインタビュー企画など、テーマに沿って2日間にわたって届けていく。

 市川海老蔵は、コロナ禍で全国各地のさまざまな祭りが 相次いで中止となっている状況を受け、日本全国に元気を届ける一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」をメインパーソナリティーの岸と共に生披露した。

 今回の演目は、テレビではめったに見ることのできない歌舞伎十八番の内の一つ「景清」を基にしたパフォーマンス。「景清」は、平家の侍・悪七兵衛景清が鎌倉方に捕らえられ牢に入れられる内容で、景清が豪勇を奮って堅固な牢を破って飛び出し、 荒々しい大立ち回りを演じる。演出・プロデュースを行った海老蔵は「その『景清』の力強さが今の苦境を乗り越え、日本に元気を与えられる」と感じてこの演目に決定したという。

 歌舞伎に初挑戦した岸は、景清と共に敵を打ち負かす重要なオリジナルキャラクター「岸優太丸」を演じることに。稽古では、未経験の岸に対しても厳しく指導する海老蔵。岸は、連日の稽古と自宅での自主練習を経て「ダンスで使うものとまた別の筋肉を使う。想像を絶する難しさ」と正直な思いを明かすも、「せっかくご一緒させていただけるので、残されている時間で追い込んでいきたい」と語った。そんな岸をねぎらうため、海老蔵が稽古の合間に市川團十郎家の精神が詰まった浴衣をプレゼントする一幕も。岸は「ボロボロになるまで着させていただきます」と笑顔を見せた。

 番組中、本番前にも募金ブースに登場した海老蔵。岸に「大丈夫だよね!?」と問いかけつつ、「絶対うまくいく!」と鼓舞し、それを受けて岸も「ベストを尽くします!」と力いっぱい答えた。

 本番では、まず岸が演じる優太丸が登場し、1人で立ち回るシーンからスタート。King & Princeらしくバック転を取り入れた身のこなしで、刀を駆使し敵と戦うさまを披露した。続いて追い詰められた優太丸を助けるべく、海老蔵演じる景清が登場。荒々しく、そして力強い景清を熱演して敵を打ち負かした。最後には、景清が全国のさまざまな祭りの映像をバックに「六十余州津々浦々に至るまで活気賑わい取り戻してみせようぞ(逆境にあえぐ日本に活気を取り戻してもらいたい)」というセリフとともに、自らの思いを込め迫力の見得を披露した。

 パフォーマンスを終えた岸は「海老蔵さんの歌舞伎に対する愛や、日本を元気づけたいという思いがすごかったので、僕は必死にくらいつく思いでついて行かせていただきました」と語った。同じくメインパーソナリティーの北山は「命を燃やしながら演じるみたいな…息をのむってこういうことなんだなと感じました。岸くんがものすごくプレッシャーを抱えていたことが裏で分かっていたので、本当に感動しました」と話し、増田も「今まで岸くんがふざけていたのが全部フリだったのかと! めちゃめちゃかっこよかった」と絶賛した。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.