News ニュース

「24時間テレビ43」吉田沙保里、陣内貴美子、松本薫が“チームQ”メンバーとして登場! 高橋尚子と共にチャリティーの気持ちをつなぐ 2020/08/23

 現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

 毎年恒例のチャリティーマラソン企画は、今年は形式を変えて「募金ラン」として実施。スポーツキャスターの高橋尚子が考案した本企画では、高橋と高橋が声を掛けて集結した“チームQ”のランナーが1周5kmのコースを走るごとに10万円寄付するというように、自身が走った距離に応じて募金額を増やしていく。また、コロナ禍での安全面を考え、私有地で行われている。

 22日午後7:11頃に「募金ラン」を始めた高橋。午後8:50頃には“チームQ”1人目の土屋太鳳が走り始めた。22日に高橋は35km、土屋は10kmという距離を走り、募金額は90万円に。そして23日午前6:34頃には“チームQ”の2人目として、レスリングコーチの吉田沙保里が登場。「Qちゃん(=高橋)から誘われたら走るしかない」と意気込む彼女は、重岡の号砲で高橋と共に「募金ラン」をスタートし、10kmを走り切った。

 吉田に続き、“チームQ”3人目の走者として現れたスポーツキャスターの陣内貴美子も見事10kmを完走。“チームQ”4人目のランナー・元女子柔道選手の松本薫にバトンをつないだ。23日午前9:30の時点で「募金ラン」の募金総額は190万円。高橋と“チームQ”メンバーによる「募金ラン」は、随時その様子を伝えられている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.