News ニュース

上川隆也主演“ブレない男”「検事・佐方」シリーズの第5弾が放送2020/08/11

 上川隆也が主演を務める、テレビ朝日系の人気ドラマシリーズの第5弾「検事・佐方~恨みを刻む~」が、9月6日(午後9:00)に放送される。

 同シリーズは、上川演じる「犯した罪はまっとうに裁かれなければならない」という信念を貫く、検事・佐方貞人が事件の真相に迫るミステリー。原作は推理作家・柚月裕子氏の同名作品で、これまで「最後の証人」「検事の死命」「検事の本懐」「検事・佐方~裁きを望む」の4作品が、スペシャルドラマとして放送されてきた。

 今回放送される「~恨みを刻む~」は、昨年刊行された最新作「検事の信義」に収録された同名短編をドラマ化したもの。佐方が真相解明に挑むのは、1人の女性が逮捕された事件。事件発覚のきっかけとなった目撃証言に小さな矛盾を感じた佐方が補充捜査を開始すると、事件は思わぬ方向へと進み、そこから警察組織の深い闇が浮かび上がっていく。

 第5弾の決定に、上川は「端的に申し上げると、“ありがたい”の一言です」とコメント。また、自身が演じる主人公・佐方の魅力について聞かれると、「物語の発端で佐方が覚える違和感は、とてもささいなものなんです。この男の意識や五感はそんなところにまで向いているのか、と。今回は、一徹でブレないキャラクターの佐方が、実は持ち合わせている“繊細さ”を特に感じました。本作では、佐方のそういった一面を垣間見ながら、視聴者の方々も一緒に事件の真相にたどり着いていただきたいと思います」と語った。

 また“ブレない男”佐方にちなみ、自身のここだけはブレないと思うところについては「一つ申し上げられることがあるなら、芝居が好きだという、その一点です」とキッパリ。「それゆえに役者であり続けたいと思っていますし、むしろそれ以外に申し上げられることがないのが、僕という人間だと思っています」と、常に俳優という仕事に実直に向き合ってきたことを明かした。

 そして、最後に上川は「こんなご時世だからこそ、純粋に作品を楽しんでいただきたいです。2時間でひもとかれていく事件の真相を佐方と一緒に追いかけていただき、溜飲(りゅういん)の下がるような結末を味わっていただきたいです。そういう意味でも、今回はメッセージ性というものを僕自身あまり強く意識していません。いかに佐方が事件を解決していくのかという1点に注力しているつもりですし、作品の構造がそれを要求しているのだろうと理解しています。過去の4作を楽しんでいただいた方にも、また新しい目線で楽しんでいただけるような作品になっていますし、また一つ新しい作品が生まれようとしているのは、間違いないと思います」と視聴者にメッセージを送っている。

 なお、佐方の同期検事・庄司真生役の松下由樹、佐方を疎んじる本橋信次郎次席検事役の松尾貴史、佐方の良き理解者である筒井義雄部長役の伊武雅刀ら、“佐方ワールド”を力強く支えるおなじみのキャストも集結。また、真実をめぐって佐方と対立する、米崎西署生活安全課・銃器薬物犯係の係長である刑事・鴻城伸明を原田龍二が熱演する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.