News ニュース

河合郁人、名医たちの奮闘に感激。「ヒーローっているんだな」2020/08/01

 フジテレビ系で8月2日放送の、日曜THEリアル!「ラストドクター その命を救えるのはあの人しかいない」(日曜午後8:00)は、名医たちが救った命とその家族の物語を、実際の手術映像と再現ドラマ、再現アニメーションを織り交ぜて描く感動のドキュメンタリー。スタジオにはチョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、河合郁人(A.B.C-Z)、朝日奈央が登場し、ナレーションはアニメ「進撃の巨人」で主人公、エレン・イェーガー役を演じた声優・梶裕貴と、アニメ「映像研には手を出すな!」の金森さやか役で知られる田村睦心が務める。

 河合は「医療系の番組に出演するのは初めてなのですが、ヒーローっているんだなと気付きました。VTRを見て“病は気から”という言葉は本当なんだと思いましたし、家族や仲間の支えの大切さを感じましたね」としみじみ。「病気になった時って、ものすごく不安になると思うんですけど、今はいろんな手段で情報を探せるんだなと感じました。諦めずに探し続けたらラストドクターは見つかるんだと思えるような、希望のある番組になっていると思います」とメッセージを寄せた。

 また、朝日は「脳動脈瘤(りゅう)の女子高生のエピソードは、もし自分だったらパニックになっちゃうだろうなと思いました。受験の不安もあるのに、いきなり死に直面するような病気が発覚して、二つの不安が同時に押し寄せてきて…。それでも冷静に、家族で支え合っている姿がすごくすてきだなと思いました」と印象に残ったエピソードを明かし、「今回VTRを見た時に、私は自分のお父さんを思い浮かべました。お父さんが最近『おなかが出てきたんだよね』と言っていたから心配になってしまって。この番組を見ていたら、あらためて自分や家族の“健康”と向き合うきっかけになるんじゃないかなと思います」と語った。

 そして、松尾は「僕は6月に子どもが生まれたばかりなので、心臓病の赤ちゃんのエピソードはタイムリーでしたし、衝撃的でした。ラストドクターがいて本当によかったなと思いました」と話し、「ラストドクターはもうヒーローそのものだと思います。『仮面ライダー』『ウルトラマン』と並ぶくらい、直接的に患者さんのことを救っているので、ぜひ“ヒーローもの”の番組として見ていただきたいです」と力を込めた。

 長田は「どのエピソードも家族のお話で、自分の家庭と重ね合わせるとすごくグッとくるものがありました」と述べ、「もしかしたら明日自分が病気になるかもしれないですし、この番組をきっかけとして健康診断に行ってもらいたいと思いますねそして病気になっても諦めないことが大事なんだと教えてくれる番組になっているので、ぜひ見ていただきたいです」とアピールしている。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.