News ニュース

5年目も進化中!「猫のひたいほどワイド」の新たな試み「猫ひたRADIO」に迫る2020/07/23

特別インタビュー◆太田裕二と山形匠の“ゲスト以上、レギュラー未満”

 「猫ひたRADIO」を語る上で欠かせないのが、毎回出演している太田裕二と山形匠。彼らは既にレギュラーと思いきや、まだそうではないようだ。そんな、“ゲスト以上レギュラー未満”な2人に「猫ひたRADIO」への思いを聞いた。

──岡村帆奈美アナウンサーの「猫ひたRADIO」が始まると聞いて、どうでしたか?

太田 「『オファーないの、なんで!?』です(笑)。実はこの『猫ひたRADIO』が生まれたきっかけは、僕のLINE LIVEラジオでして。古矢プロデューサーがそれを聞いて、“この形『猫ひた』でもいけるな!”となったわけです。ゆえに、ワタクシがレギュラーというのは既定路線と思っていたのですが、まさかのオファーなし。無類のラジオ好き太田、叫びました。『…なんで!?』と。毎週力ずくで参戦していますが、ホントは今でも、オファー待ってます(笑)」

山形 「まず『ついに来たか!』と思いました! 『猫ひた』には5年間出演していますが、僕は『猫ひた』でやりたいことリストがたくさんあって、その中にラジオもあったので率直にうれしかったです!」

──ラジオだけに難しさも感じられたのではないですか? またはテレビとは違った面白さの発見などありましたか?

太田 「テレビでは初めて見る方も常に意識していますが、『猫ひたRADIO』は猫ひたファンの方が“気軽に楽しめる空間”というイメージで、好き勝手楽しむのが一番だと思い、好き勝手やっています(笑)。それが面白さにつながればよいかなと。ですので、難しさはないです!(笑)」

山形 「『猫ひた』本放送では動きや、顔芸も駆使して笑いをお届けしています。ラジオは話術だけでリスナーさんを楽しませるというのは難しさもありますが、メインパーソナリティーの岡村アナが締めるところは締めてくれるので安心して自由にお話できています! さすがです!(笑)。LINE LIVEを使ってのラジオ放送なのでリアルタイムでリスナーさんの質問だったり、反応に対応できたりするので、本放送ではできない楽しみ方があると思います! トークスキルも確実に磨かれるので本放送に還元できるのもいいですよね!」

──リスナー及び、視聴者の方へメッセージをお願いします。

太田 「♪(好き勝手に、ラップ風で…)『猫ひたRADIO』で 知れる裏側 魅力にあふれたここは神奈川 変わらぬ楽しさ声で届ける 電波を超えていつでも待ってる♪」

山形 「いつも『猫ひた』を見ていただきありがとうございます! そして! 新たにスタートした『猫ひたRADIO』を聞いていただきありがとうございます!! 僕は出たがりなので毎週ラジオも出させていただいてますが、お楽しみいただいていますでしょうか?(笑)。『猫ひた』全曜日を見て、木曜午後6:00からの『猫ひたRADIO』を聞いていただくと、より楽しめると思います! 毎週ゆる〜くお話ししていますので、ぜひ聞きにきてくださいね! 岡村アナ、裕二とお待ちしております!」

 番組初年度から出演する太田と山形は、「猫ひた」本編だけでなく「猫ひたRADIO」にも強い思い入れがあることが感じられた。彼らは既にレギュラーを飛び越えて、岡村アナと並ぶ「猫ひたRADIO」のメインパーソナリティーなのかもしれない。

ページ: 1 2

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.