News ニュース

コウテイが「ABCお笑いグランプリ」第41代王者に。「真っすぐの道を走りきれたらいいな」と飛躍を宣言2020/07/13

 「第41回ABCお笑いグランプリ」の決勝戦が7月12日に行われ、精鋭12組で漫才、コント、ピン芸と、熱きお笑い異種格闘技戦を展開。コウテイが第41代チャンピオンの座に輝き、エントリーした480組の頂点に立った。

 同大会では今回、南海キャンディーズ・山里亮太と川添佳穂アナウンサーが司会を、スピードワゴン・小沢一敬、アンタッチャブル・柴田英嗣、陣内智則、矢野兵藤・兵動大樹、かまいたち・山内健司、ダイアン・ユースケ、ハイヒール・リンゴという、幅広いジャンルの先輩芸人7人が審査員を務めた。

 1stステージでは、12組がA・B・Cの3ブロックに分かれて4分のネタを披露。審査員7人の総合評価が最も高かった各ブロックの1組ずつが、決勝に勝ち上がった。

 Aブロックは、世間知らズ、チェリー大作戦、からし蓮根、オズワルドの順で4組が登場し、突拍子もない二者択一ネタで爆笑を得たオズワルドがファイナルステージに進出。Bブロックには、ベルサイユ、カベポスター、コウテイ、そいつどいつの4組が激突し、田舎暮らしをテーマにしたフルスロットルな漫才が高評価を得たコウテイが勝ち進んだ。そして、Cブロックからは、フタリシズカ、滝音、ビスケットブラザーズ、さや香の中から、男女コンビ・フタリシズカがファイナルステージへと進んだ。

 ファイナルステージでは、オズワルドが男性の“想像妊娠”というシュールなネタの漫才で勝負。続くコウテイは、1stステージの漫才から、コントへと変更。最後のフタリシズカは、男女の心の機微を描いたコントを熱演。審査員それぞれの持ち点100点、計700点満点で競われたファイナルステージの点数は、オズワルドが654点、コウテイ666点、フタリシズカが635点を獲得し、コウテイが優勝をつかんだ。

 コウテイは、下田真生と九条ジョーが2013年に結成。「ABCお笑いグランプリ」には2年連続で決勝戦への進出を果たしていた。下田は「マジ気持ちいい。ほんまにうれしかったです。まず家族の顔がよぎって、次に兄弟たちがよぎって。はよ報告したいなと思いましたね」と感情を爆発させた。

 一方の九条も、「チョー気持ちいい。相方と300回以上はけんかして『解散しようや』と何十回も何百回も話し合って。でも、ほかの人とコンビ組んで舞台で一切うけなくて、こいつとじゃないとダメというのが、やっとこの場で証明できたのがうれしいですね。時間はかかったんですけど、下田と組んでよかったなと。ホントに賞が取れてよかったです」と優勝の喜びをかみしめた。

 賞金100万円の使い道については、下田が「オールギャンブル! 競馬、パチンコにぶち込みます」と破天荒なプランを明かすと、九条は「いいんちゃう。ザ・芸人という感じがするんで。僕は2年前に顎の手術をしたんですが、アキナの山名(文和)さんとミキの亜生さんにお金を貸していただいたんです。その手術がきっかけで仕事が増えていって。そのお金をすぐお返しして、あと僕はお母さん1人の片親でずっと迷惑かけてきたので、ちょっとでも振り込めたらなと思います」と、こちらも芸人らしい苦労話を涙ながらに語り、途中で少し照れくさくなったのか「本当は庭にメリーゴーランドを……」と、小ボケで笑い飛ばした。

 最後に、下田は「今年は全部捨てて、『ABCお笑いグランプリ』だけに焦点を絞ってやってきたので、次は『M-1グランプリ』や『キングオブコント』と目標を立てて、真っすぐの道を走りきれたらいいなと思います」と、さらなる飛躍を力強く述べた。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.