News ニュース

サンドウィッチマンの“無理難題”にEXITらが挑戦!「こういう企画が芸人を強くする」2020/07/10

 テレビ朝日系では7月11日に、深夜の情報バラエティー番組「お願い!ランキング」(月~木曜深夜0:50)内で不定期で放送されているお笑い企画「ネタサンド!」の単独スペシャル「ネタの間にお題をはさめ!ネタサンドSP」(午後11:15)を放送。MCを務めるサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)が決めた“具”(=漫才のお題ワードやコントの設定)を、新進気鋭のお笑い芸人たちがネタに“サンド”して(=登場させて)披露し、バトルを繰り広げる。

 実力派、個性派入り乱れての真剣下剋上バトルでは、「漫才ブロック」と「コントブロック」に分かれ、計7組の芸人が参加。「漫才ブロック」にはEXIT、すゑひろがりず、ミルクボーイ、四千頭身、「コントブロック」には、かが屋、ゾフィー、ハナコら“お笑い第7世代”を中心に、人気若手芸人が集結する。

 「漫才ブロック」では、富澤が考えた“ボケワード”を三つ、伊達が提案した“ツッコミワード”一つをネタの間に“サンド”する。その具を最もおいしくはさんだ芸人に、“ベストハサミスト賞”として賞金がおくられることが告げられると、出場者たちは俄然やる気に。それぞれ驚きのやりとりや工夫を凝らした展開で設定ワードを絶妙にはさんでいくが、なんと富澤が指定したボケワードに「難しかったですよ!」「どうネタに組み込むか苦労しました!」と抗議が続出するまさかの事態に。出場者たちを悩ませた、富澤考案のボケお題とは!?

 そして、「コントブロック」で指定された“具”は、コントとしては定番ともいえる、ある一つのシチュエーション。伊達は「実は、意外とやりにくいはずなんだよね」と分析。“定番なのにやりづらい?”とは、一体どんなシチュエーションが設けられたのか。まさに出場者の力量が試される、熱いステージが展開していく。

 収録を終えた伊達は「こういう企画をやると、芸人としては強くなれるんですよ!」と7組の健闘を称え、「いや〜、今日はさらに面白かったですよ。さすが、スペシャル。これぞ決定版という感じでしたね」と大絶賛。

 富澤は「賞金が出るので、出場者の目が真剣でした(笑)。彼らが本気で見せる漫才やコントは見応えがあると思います。でも、決定版と言いつつ、ネタをかむヤツがいたり、飛ばすヤツがいたり…(笑)」と笑いどころを明かし、「今回はどの出場者も“ベタ”な設定にしてこなかったのが、さすがでしたね」と唸った。

 さらに、「漫才ブロック」出場者について、富澤は「EXITの2人は忙しいのに、セリフ量の多い漫才を披露してくれて、かなりの“熱量”を感じました。ツッコミもかなりさえてましたよ! すゑひろがりずはもともと『ネタサンド!』の企画に合っているコンビ。どんな“具”も、狂言漫才という彼ら特有の世界に引き込めて、笑いを生み出せるんですよ。どの組も、ツッコミワードの使い方がよかったです。『この展開で、こう持ってくるのか!』と感心しました」と語った。

 伊達も「ミルクボーイは2人の“対応力”のすごさがあらためて感じられました。『彼らだったら、こういう漫才を見たい』と思っているものの、さらに上を行く内容だったと思います。四千頭身は、ある意味、衝撃でしたよ。あるメンバーがいつにも増して…。これ以上は言いませんけどね(笑)」と高く評価した。

 「コントブロック」出場者については、伊達が「かが屋は彼らの持つ空気感が伝わる、爽やかなコントでしたね。ゾフィーはもともと面白いのは知っていました」と感想を述べると、富澤は「ゾフィーは事務所の後輩だからね」とフォロー。続けて、伊達が「ハナコは岡部(大)の演技力がどんどんすごいことになっている!(笑)。3人のバランスの妙が楽しいと思います」と見どころを明かした。

 自分たちの決めた難しいお題、いわば“ムチャぶり”に若手が見事に応えるのを見た2人は、今後どんな企画を試したいか、いろいろとアイデアが浮かんだらしく、収録の合間にも「次はネタを使ってこんなことをやろうか」と“密談”を交わしていたそう。

 伊達は「今までは、ワードや設定を“具”として提示してきましたが、道具とかセットとか、提示できるものってまだまだあるんじゃないかと思っています。まず出場者が柔軟じゃないと、この企画に対応できません。いろんな芸人さんにチャレンジしてほしいですね」と呼びかけ、富澤は「漫才師は漫才、コント師はコントってことにこだわらなくていいのかもしれないって、さっき話してたんですよ。『ネタを料理するお笑い番組』として、今後はもっと自由な発想で広げていきたいです」と企画の広がりに期待を寄せた。

 果たして今回のスペシャルでサンドウィッチマンはどんな“具”を発表したのか!? 出場者たちは、サンドウィッチマンからの無理難題にどう立ち向かい、爆笑を巻き起こすのか。そして栄光の「ベストハサミスト賞」に輝くのは誰なのか? 芸人たちの真剣勝負は見逃せない。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.