News ニュース

サプライズゲスト続々!エランドール賞授賞式、新人賞・TVガイド賞は旬の6人!2017/02/03

 1年を通じ映画・テレビ界で活躍したプロデューサーや将来有望な俳優を表彰する「2017年エランドール賞」の授賞式が2/2に開催。出演した作品の中で新鮮かつ優秀な演技を示した俳優に贈られる新人賞・TVガイド賞には坂口健太郎、高畑充希、ディーン・フジオカ、波瑠、星野源、広瀬すずの6人が選ばれた。かつて石原裕次郎や高倉健も受賞した栄誉ある賞ということで、お祝いに駆けつけたゲストも唐沢寿明や新垣結衣と超豪華。会場を大いに盛り上げた。

坂口は「日本の役者を引っ張っていける存在になれれば」とさらなる飛躍を笑顔で宣言。

「たくさん素敵な役に出会えるようアンテナを立てて頑張りたい」と高畑。

「とと姉ちゃん」で高畑と共演した唐沢は「“花束を君に”渡せるのは僕しかいない!」と語る。

ディーン 「自分が生まれた祖国で俳優として素敵な賞をいただけて嬉しい」

「あさが来た」の脚本・大森美香から花束を受け取り、「感謝です!」と波瑠。

星野 「この先、何度も思い返して自分の大事な“地点”と思える素晴らしい作品に出会えた」

「すごく忙しいのに、しんどさを感じさせない星野さんを見て頑張らねばと思いました」と新垣。

「ちはやふる」小泉徳宏監督に「大女優になる」と言われ「プレッシャー(笑)」と広瀬。

新人賞受賞者にはTVガイド・杉山功編集統括から副賞の「TVガイド賞」が手渡された。

◆エランドール賞

一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会が主催する、1年を通じて映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する制度で、1956年にスタートしたもの。

◆新人賞・TVガイド賞  

エランドール賞の表彰の1つで、1年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる賞。1956年の第1回では石原裕次郎、高倉健などが選ばれており、その歴史や伝統の重みから、業界の数ある賞の中でも最も権威あるものの1つになっている。新人賞の受賞者には、副賞として、TVガイドを発行する東京ニュース通信社から「TVガイド賞」として銀製の写真立てが贈られている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.