News ニュース

Sexy Zone、激動の2022年に密着。念願の初ドームツアーの舞台裏も公開2022/11/24

 フジテレビで放送中の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」では、12月2日(深夜1:10、関東ローカル)からデビュー12年目を迎えたSexy Zone(佐藤勝利、中島健人、菊池風磨、松島聡)を特集する。

 番組では、今年行われたSexy Zoneのサマーツアー「セクシーゾーン ライブツアー2022 ザ・アリーナ」をはじめ、CMの撮影や舞台の出演など、メンバーそれぞれの仕事現場に密着。12月に東京ドームで開催される公演「セクシーゾーン ドームツアー2022 ザ・ハイライト」の舞台裏も届ける。

 Sexy Zoneは2011年に結成し、CDデビュー。当時の平均年齢は14.4歳と、歴代のジャニーズグループの中でも最年少デビューを記録している。グループの体制やメンバーの活動休止などの紆余(うよ)曲折を経て、Sexy Zoneは幅広い年齢層のファンに強い支持を得ている。最新シングル「Trust Me, Trust You.」がデビューから22作連続で「オリコン週間シングルランキング」1位を記録するなど、芸能界の最前線を走り続けている。

 今年6月にリリースされた8thアルバム「ザ・ハイライト」では、1980~90年代のレトロ音楽をコンセプトとした世界観が話題になった。このアルバムを引っ提げて行われたサマーツアーでは、日本中のファンを魅了。そのツアーの最中だった8月に、Sexy Zoneにとって初となるドーム公演の開催決定が発表された。第一報をライブ中に直接ファンに伝えられることができ、メンバーはうれしさのあまり泣き崩れた。

 中島は「まぁ…、こんなにもいろんなことがあったグループって、ほかにないですからね。だから、歩み続けないといけないですよね」と率直に語り、松島も「グループに活動の揺らぎが何回もあって。でも、そういう歩み方でも11年間やってこられたことに意味を感じています」と振り返る。

 さらに、菊池は「僕たちは、性格も見た目もバラバラのはずなのに、一つの夢があって。それが、かなおうとしていることが…」と感慨深く話し、佐藤は「ジャニー(喜多川)さんがやりたかった、ジャニーさんが作り上げた“ジャニーズ”を続けていく」と決意を新たにする。

 Sexy Zoneの“新章の幕開け”――新たな覚悟でエンターテインメントの世界に挑むメンバーの姿を追う。

 「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」は、放送直後からFODプレミアムで独占配信される(過去話もすべて配信中)。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.