News ニュース

櫻井翔が総合司会の「ベストアーティスト2022」が放送。KAT-TUN、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、King & Prince、SixTONESらの出演も発表2022/11/17

 日本テレビ系の音楽の祭典「ベストアーティスト2022」が、12月3日(午後7:00)に4時間にわたって生放送されることが決定。総合司会は櫻井翔が担当し、司会として、羽鳥慎一、バカリズム、市來玲奈アナウンサーも出演する。また、第1弾出演アーティストとして、ジャニーズ勢からは、KAT-TUN、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、King & Prince、SixTONESが発表された。

 「ベストアーティスト」は、人気アーティストが勢ぞろいし、その年のヒット曲や話題曲を中心に「いま見たい聴きたい」音楽をギュッと詰め込み、この1年を音楽で振り返る音楽特番。

 櫻井は「『ベストアーティスト』が近づいてくると、いよいよ年末が始まったなという感じがします。2022年を華やかに締めくくれたらというのと、僕自身も楽しみながら進行して、出演アーティストや会場の楽しんでいる感じや、現場でアーティストの方々の発する熱というのをお伝えできたらなと思っています」と意気込みを語っている。

 ジャニーズ勢のほか、福山雅治が同系連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」(日曜午後10:30)の主題歌で、新曲の「妖(あやかし)」をテレビ初パフォーマンスするほか、Adoのトークでの出演も決定。「新時代」スペシャル・ミュージックビデオを初公開する。

 さらに、乃木坂46、櫻坂46、日向坂46も出演。「ベストアーティスト」特別パフォーマンスとともに今年話題の楽曲を披露。NiziUは新曲をテレビ初歌唱する。

 番組の魅力について、櫻井は「4時間の放送とはいえ、夏の『THE MUSIC DAY』の8時間と比べると短い時間なので、その時間の中で、本当にたくさんのアーティストが、次から次へとテンポよくパフォーマンスを届けてくれる、立て続けに音楽を浴びるような番組になるといいなと思っています」とアピール。

 今年は、音楽面で新しい挑戦があったという櫻井は「2022年の新しいチャレンジとして、KAT-TUNの『CRYSTAL MOMENT』(日本テレビ冬季スポーツテーマソング)の楽曲のラップ詞を構成し、レコーディングしたということがありました。ほかのグループが歌うということを前提にラップを作るという、新しい挑戦で2022年は始まりました」と振り返る。

 昨年の放送で特に印象に残っているアーティストを尋ねると、「僕ですね(笑)。番組のオープニングで『カイト』をピアノで生演奏する企画は、今でも思い出すだけで手に汗をかくけれど、一方で、あんなふうにオーケストラを背負ってピアノ演奏するという場をいただいたというのは、すごく貴重な経験となりました」と自身の名前を挙げ、いい経験となったことを伝えた。

 そして、「一時期に比べてコンサートやライブに足を運べるような環境になってきたとはいえ、やはり物理的な距離の問題で足を運べない人たちは、たぶん日本全国に山ほどいると思います。でも、そういった距離を飛び越える・乗り越えるのは、テレビの力だとも思うので、2022年の音楽というものをテレビの前で、しかもライブ(生放送)で感じてもらえたらと思います」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.