News ニュース

【FIFAワールドカップカタール2022】注目のMF編2022/11/15

遠藤航(サッカー日本代表) 写真:森田直樹/アフロスポーツ

 攻守両面にわたる幅広い動きと多彩なプレーが要求されるMF。「FIFAワールドカップカタール2022」の日本代表では11人が選ばれたが(所属クラブではFWでプレーする選手も含む)、欠かせない選手として第一に名が挙がるのが、守備的なポジション=ボランチを担う遠藤航(VfBシュツットガルト/ドイツ)だ。

 持ち味はデュエルと呼ばれる1対1の局面での強さ。相手の動きを読む力と当たり負けないボディーバランスでボールを奪う能力が高く、キープ力にも優れる。昨季まで2季連続でデュエル勝利数がドイツリーグトップに輝いた実績は頼もしい。加えて鋭い縦パスで攻撃の起点になり、ドリブルでボールを前に運ぶこともできる。11月8日のリーグ戦での接触プレーで脳震とうを起こし退場したことが唯一気がかりだったが、大事には至らず、問題なく出場できそうだ。

 守田英正(スポルティングCP/ポルトガル)もなくてはならない存在。的確なポジショニングと判断力でボールを奪い、正確なパスで攻撃に幅をもたらす。遠藤と守田のダブルボランチの出来は、試合の流れを大きく左右するだろう。

 攻撃的MFは、9月のアメリカ戦でスタメン出場した伊東純也(スタッド・ランス/フランス)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフル/ドイツ)、久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)がトリオを組むことになりそう。伊東は爆発的なスピードを生かしたドリブルを武器とする右サイドのアタッカー。アジア最終予選では4試合連続得点を挙げ、日本の救世主となった。鎌田は主にトップ下でプレーする技巧派で、巧みなキープと高精度のパスで攻撃を演出し、自らもゴールに迫る。チーム最年少・21歳の久保は、中央でも左右両サイドでもプレーでき、緩急巧みなドリブルで相手DFを抜き去る。パス、シュートの技術の高さも魅力だ。

 MFはほかに、東京五輪全試合で先発出場し、攻撃の組み立て役を担った田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)、キレのあるドリブルでサイドを切り裂く三笘薫(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC/イングランド)、7月のE-1選手権で活躍した相馬勇紀(名古屋グランパス)、広い視野から正確なパスを繰り出す柴崎岳(CDレガネス/スペイン)、突破力とシュート力を兼ね備えた堂安律(SCフライブルク/ドイツ)、高い技術で複数のポジションをこなす南野拓実(ASモナコ/フランス)がメンバー入り。勝ち点状況、試合展開によって誰にでも出番が回ってくるだろう。

 日本がグループリーグで対戦する3チームの中盤には、的確なパスを繰り出してドイツの攻撃を組み立てるヨシュア・キミッヒ(バイエルン/ドイツ)、コスタリカの攻守の軸、セルソ・ブルヘス(アラフエレンセ/コスタリカ)、華麗なテクニックと豊富な運動量を合わせ持つスペイン期待の19歳・ペドリ(バルセロナ/スペイン)らがいる。彼らのプレーを制限できず、持ち味を発揮させてしまうと勝利は遠のく。

 大会全体では、優勝候補ブラジルの中盤を支えるカゼミーロ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)、前回大会でクロアチアを準優勝に導き、大会MVPも受賞したルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/スペイン)、前回大会3位ベルギーの攻守を牽引するケビン・デブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)、2020年に17歳で代表デビューしたイングランドの逸材であるジュード・ベリンガム(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)らのプレーが見逃せない。

文/佐藤新

▶FIFAワールドカップ カタール2022 放送スケジュールはこちらをチェック!(https://www.tvguide.or.jp/worldcup-2022/)

▶FIFAワールドカップ カタール2022の記事一覧はこちらをチェック!(https://www.tvguide.or.jp/cmn_keyword/fifa-wcup2022/)




この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.