News ニュース

日向亘が「Get Ready!」で万能ハッカーに。「日々勉強させてもらっています」2022/11/08

 日向亘が、TBS系で2023年1月にスタートする連続ドラマ「Get Ready!」(日曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 妻夫木聡が主演、藤原竜也が共演、堤幸彦氏が演出を務める「Get Ready!」は、孤高の天才外科医が最強チームを引き連れて患者の人生に鋭くメスを入れていく、1話完結&完全オリジナルの医療ヒューマンエンターテインメント。表向きはパティシエ、裏では闇の最強医療チームを率いる孤高の天才執刀医・波佐間永介(通称・エース)を妻夫木、そして、その相棒といえる、表の顔は国際弁護士、裏ではエースがオペを行う患者と交渉する役割を担う下山田譲(通称・ジョーカー)を藤原が演じる。

 日向は、14歳の時に受けた現所属事務所「ホリプロ」主催のオーディションで6468人の中からグランプリに選ばれて芸能界入り。映画とドラマの連動作品「太陽は動かない」で藤原が扮(ふん)した主人公の高校時代を演じ、2020年に俳優デビューした。さらに、21年には「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系)で当時高校生としては6年ぶりとなる仮面ライダー役を務めて話題になった。

 そんな日向が演じるのは、若き万能ハッカー・白瀬剛人(通称・スペード)。闇医者チームに加担する最強のハッカーで、カルテ情報の盗み出しはもちろん、闇医者チームを狙う監視カメラやNシステムなどをことごとくダウンさせる技術を持つ。ドローンの操縦も天才的。AR技術を駆使し、わなが仕掛けられているような場に交渉に行かねばならない時などは、ドローンから立体映像を投影し、エースやジョーカーたちがその場にいるように見せかけたりもする。

 また、闇医者チームが集まるアジトはまるでスペードの秘密基地。3台のパソコンと八つのモニター、そしてスペードの席には、日向の特技でもある六面体立体パズルが置いてあり、遊び心満載だ。初めてのTBSドラマ、そして「日曜劇場」枠への出演となる日向が、ものおじせずに臨み、どのように演じるのか期待が高まる。

 日向は「デビュー当時からお世話になっている妻夫木さん、藤原さんのお二人に加え、初めてご一緒させていただく松下(奈緒)さんとの4人での撮影が多く、日々勉強させてもらっています。先輩方からいろいろ吸収しながら自分なりの白瀬を作っていきたいと思いますし、堤監督の下で芝居させてもらえるのがとてもうれしく、監督に演出していただいている貴重な時間を丁寧に大切に過ごしていきたいと思っています」と撮影の日々を報告。

 そして、「性格も年齢もキャリアも違う4人が一つのチームとなって、各話のゲストのバックボーンとその先を医療を通して描く作品となっています。皆さま、ぜひ楽しみにしていただけたらなと思っています」とアピールしている。

 番組を手掛ける武藤淳プロデューサーは「闇医者チームの1人、若手ハッカー役にはフレッシュな日向くんがぴったりだと思いました。撮影現場では、大先輩の3人に囲まれて緊張する半面、その緊張すらも楽しんでいるような様子で、スペードの役と見事にリンクしています。この先の彼のお芝居が、役柄と共にどう変わっていくのか、とても期待しています」と語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.