News ニュース

松下奈緒が「Get Ready!」ですご腕オペナースに。「髪を短くカットし気合を入れました」2022/10/31

 松下奈緒が、TBS系で2023年1月にスタートする連続ドラマ「Get Ready!」(日曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 妻夫木聡が主演を務め、藤原竜也が共演、堤幸彦氏が演出を務める本作は、孤高の天才外科医が最強チームを引き連れて患者の人生に鋭くメスを入れていく、1話完結&完全オリジナルの医療ヒューマンエンターテインメント。表向きはパティシエ、裏では闇の最強医療チームを率いる孤高の天才執刀医・波佐間永介(通称・エース)を妻夫木、そして、その相棒といえる、表の顔は国際弁護士、裏ではエースがオペを行う患者と交渉する役割を担う下山田譲(通称・ジョーカー)を藤原が演じる。

 松下が扮(ふん)するのは、すご腕オペナース・依田沙姫(通称:クイーン)。過去は謎に包まれているが、オペナースとしての腕は超一流。相手が誰であろうと自分の言いたいことをストレートにぶつける強い女性で、エースには皮肉も言える間柄であり、ジョーカーとも友好的な関係を築いているキャラクターだ。

 クイーンは腕も知識も確かな完璧なオペナースのため、松下も数カ月前から医療指導を受け、クランクインを迎えた。また、患者のオペはエースとクイーンの2人のみで行い、オペシーンの撮影時、妻夫木と松下は朝から晩まで医療チームの指導の下で臨んでいる。

 松下は「『日曜劇場』は久しぶりの出演となりますが、台本を読んで、このストーリーをどうやって体現していくのかな?と思いました。これまで見たことのない内容になりそうなので、期待に胸が膨らんでいます」と心境を明かし、「エースを支え、サポートしながらオペをする完璧なオペナースを演じるのですが、オペ室のセットが素晴らしくて、味方をしてくれます。オペシーンでは思いもよらないことが起きてしまうこともあるのですが、できる限り本物のオペナースに近づけるよう、頑張りたいと思っています。また、堤組は今回初めて参加させていただくので、本当に楽しみです。堤監督は冷静だけどすごく温かみを感じる監督で、いろいろとさりげなく助けてくださるので、とても心強いです」と現場の様子を伝える。

 そして、「今回のドラマは、カッコよくもありスタイリッシュなドラマだと感じたので、それに合わせて髪もこれまでで一番短くカットし気合を入れました。クイーンは謎が多く、まだ語られていないのですが、カッコよくて自由な女性を演じたいと思います」と意欲を持って撮影に取り組んでいる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.