News ニュース

里見浩太朗が「どうする家康」に出演。松平家を見守る菩提寺の住職・登譽上人に2022/11/07

 里見浩太朗が、NHK総合ほかで2023年1月8日にスタートする大河ドラマ「どうする家康」(日曜午後8:00、初回は15分拡大)に出演することが分かった。

 松本潤が主演を務める「どうする家康」。脚本は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)、「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」シリーズ(ともにフジテレビ系)などで知られる古沢良太氏が担当する。誰もが知る歴史上の有名人である徳川家康の生涯を、新たな視点で描いた波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント時代劇だ。

 里見が演じるのは、松平家の盛衰を見守ってきた岡崎・大樹寺の頑固一徹な住職・登譽上人。彼の教えである厭離穢土欣求浄土(えんりえどごんぐじょうど/「汚れた世を浄土にすることを目指せ」の意)は、生涯を通じての家康の精神的な支えとなり、徳川家の旗印になる役どころだ。

 里見は「久しぶりに大河ドラマに出演させていただき、とてもうれしく思っております。上人は心が大きく温かい人間かと思います。若き家康の行く末を心から心配し、人のため、民の幸せを願う人間に成長してほしい、ただただそんな思いを込めて家康を見つめている住職かと思います」と役柄について説明。

 水戸黄門役をはじめ、徳川家へゆかりのある役柄を演じることが多い里見だが、「確かに、水戸黄門、松平長七郎など演じてきて、役柄が葵の紋をつけた着物を着ることが多く、不思議に思うことがあります」と語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.