News ニュース

OWV・本田康祐、長友郁真、久田莉子が「私のシてくれないフェロモン彼氏」に出演決定2022/11/04

 TBSで11月15日からスタートするドラマストリーム「私のシてくれないフェロモン彼氏」(火曜深夜0:58、関東ローカル)に、OWVの本田康祐、長友郁真、久田莉子が出演することが分かった。

 島崎遥香が主演を務め、渡邊圭祐が共演する「私のシてくれないフェロモン彼氏」は、深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」の5作目の作品。イケメンで完璧なのに“シてくれない”年下彼氏に翻弄(ほんろう)される水川黎(島崎)と、「好きな人とはただ一緒にいるだけで幸せ。なんでそれだけじゃだめなの?」という性欲が“凪”なフェロモン彼氏・有馬柊人(渡邊)が、お互いのことを真剣に考えるからこそすれ違い続ける、不器用な2人のじれったすぎる“寸止め”ラブストーリー。「来世ではちゃんとします」(テレビ東京)、「サレタガワのブルー」(MBS)など、女性たちの赤裸々な本音をリアルに描く名手・舘そらみ氏による完全オリジナル作品となる。

 今回発表された3人が扮(ふん)するのは、黎や柊人が通うコワーキングオフィスで出会う個性あふれる仲間たち。本田は、フリーのWEBディレクターとして働く南俊基役を務める。2019年に行われた日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の元練習生4人で結成されたボーイズグループ・OWVでリーダーを務めている本田。本作がドラマ初挑戦となる本田は、トレードマークの赤髪はそのままに、ハイテンションな南役を熱演する。

 「今回このお話をいただいた時は、僕が!?と驚いて、ドッキリなのかなと思っていたのですが、いざ現場入りすると本当に本当だったので、とてもうれしかったです」と喜びを口にする本田は、「吉本興業所属なのでコント経験はあったのですが、ドラマ出演はもちろん、演技をするのも初めてで、ギチギチに緊張した状態で現場入りしたのですが、共演者やスタッフの皆さんが温かく迎えてくださって、楽しく撮影することができました」と撮影を振り返る。

 そして、「監督からありのままの笑顔をくださいと言われて撮影したので、いい感じに僕ならではの南になれたのではないかなと思っていますので、ういういしい演技をとくとご堪能ください(笑)」とアピールしている。

 また、フリーのイラストレーター・才原陽平役を、個性的な俳優が数多く所属している劇団・ハイバイの長友が務め、フリーのアプリデザイナー・佐藤春菜役を、映像や舞台を中心に活動している久田が担当する。

 才原は、カラフルな眼鏡がトレードマークで、自由気ままに働いている役どころ。劇中には才原がデザインしたキャラクターも登場する。さらに、初対面で名刺の交換ではなく、Instagramのアカウント交換を提案したりする佐藤の最先端の働き方は、今までガラパゴスな不動産業界で働いてきた黎にも影響を与えていく。役作りのため、前髪をばっさり切って挑んだ久田の演技に注目だ。

 長友は「黎や柊人たちが恋や仕事に悩む中、僕らは自由に楽しく伸び伸び働いています。才原は、身につけているものや、働き方に強いこだわりがあり、強い自己愛には笑ってしまうほどですが、僕は才原のことが大好きです」と役柄への思いを語り、「このドラマにはいろんな恋の仕方や働き方が出てきます。僕は台本を読みながら、こんな考え方もありなのかぁ…と気持ちが少し楽になったような気がしました。もしかしたら、皆さんも登場人物の誰かの考えに救われるかもしれません。ぜひ、最後まで楽しんでください!」と呼び掛ける。

 久田は「撮影は実際に存在するコワーキングスペースをお借りしてだったので、本当に使用されている方々を何度か拝見し、その場でのインプットが多くありました。佐藤というキャラクターは最先端を交えながら効率よく仕事ができますが、私はアナログタイプなのでキャラクターを知ると同時に驚くことばかりでした」と撮影を振り返り、「それぞれのキャラクターが関わり合うことにより、どう変化していくのか、そこがまた一つドラマを楽しめるポイントかなと思います」と見どころを話している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.