News ニュース

寺島進主演「駐在刑事」が帰ってくる! ゲストに福士誠治、玉置玲央、秋元才加、小野武彦2022/09/30

 テレビ東京系では10月17日に、寺島進主演の月曜プレミア8「駐在刑事SP 2022」(午後8:00)を放送。これまで2時間ドラマが6回、連続ドラマが18年、20年、22年とseason3まで放送されている人気刑事ドラマシリーズ「駐在刑事」が、早くもスペシャルドラマとして帰ってくる。

 かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事で、今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史を演じる寺島に加え、警視庁捜査一課管理官・加倉井国広役の北村有起哉、山岳ガイドのかたわら「水根旅館」の若女将(おかみ)もしている内田遼子役の笛木優子、奥多摩警察署刑事課から捜査一課への転属を希望する刑事・和泉玲香役の藤井美菜、「水根旅館」の一人息子の山岳ガイド・池原孝夫役の鈴之助、そして、「水根旅館」女将・池原美也子役の市毛良枝といった、おなじみのレギュラーキャストも、引き続き登場する。

 今回のスペシャルドラマについて、寺島は「台本を読んだ時、楽しくて仕方がなかったです。ツッコミどころが多いなと思ったり、新しい管理官ってどんな人が来るんだろうって、ものすごく楽しみにしていました。レギュラーキャストもメインスタッフもずっと変わらずに、家族のようなチームワークがあって“駐在愛”をすごく感じる現場なので『早く行きたい! 早くみんなに会いたい!』と現場へ行くのが楽しみでした」と、今年2月に終了したシーズン3の放送以来、7カ月ぶりの再会に声を弾ませる。

 寺島が語ったように、新たな管理官として奥多摩署を訪れるのが、福士誠治が演じる御子柴浩司。加倉井に負けず劣らず規律と秩序を重んじる御子柴は、またしても江波と対立することに。また、それに伴い、加倉井の去就も気になるところだ。

 福士は「僕が演じる御子柴という役は頭で考え、利己的な男であると思います。寺島進さん演じる駐在・江波との対立は免れないので、その戦いもぜひ楽しみにしていただきたいです」と自身の役どころを説明。加えて「緑あふれる場所での撮影が多く、暑い時期の撮影ではありましたが、空気が澄んでいて景色もよくいつもすてきな現場でした。撮影には全然関係ないのですが、現場でクワガタを見つけた時はテンションが上がりました(笑)」と、夏を満喫する撮影となったことを明かした。

 さらに、「今まで『駐在刑事』を見てくださっていた皆さま、初めてのキャラクターが登場です。御子柴刑事です。僕自身もとても思い入れのある役になりました。事件の解決の仕方、駐在・江波さんとのぶつかり…盆栽…?などなど…いろいろ楽しんで見ていただければうれしいです」とメッセージを送っている。

 また、あることをきっかけに奥多摩を飛び出し、図らずも犯罪に加担してしまう川瀬将吾役を務めるのが玉置玲央。「お芝居ももちろん見どころではありますが、奥多摩の自然とそこに降り注ぐ陽光や吹き抜ける風が、何よりの見どころだと思います」と述べる玉置は、「自分自身、このドラマの撮影にたくさん助けられたところがあるので、視聴者の皆さまにもそれを感じていただけたら幸いです。やっぱり自然が持つ力ってのはすさまじいものがあって、いい意味で自分の無力さみたいなものをひしひしと感じました」と、奥多摩の大自然に感動したことを語った。

 そんな将吾と幼なじみで、今は養魚場で働いている和久井瞳に扮(ふん)する秋元才加は、「奥多摩の広大で美しい自然に囲まれ、伸び伸びと撮影させていただきました。今年の夏を奥多摩で満喫することができました。寺島進さん演じる江波さんをはじめ、個性的で人情あふれる奥多摩の人々。みんなで食べた寺島さんからの差し入れアイスクリームはおいしかったです」と振り返り、「人のつながりを感じながら、奥多摩での撮影を日々楽しく過ごしました。奥多摩に住む人々の人情やつながり、優しさ。コロナ禍で人とのつながりを感じにくくなった今、皆さんに愛される『駐在刑事』という作品の温かさをより感じることができました」と話し、癒やされる撮影となった様子。

 そして、過ちを犯してしまい、家出した息子の将吾とほぼ絶縁状態の養魚場経営者・川瀬大造を演じるのは小野武彦。「本当に昔から馴染みのある寺島さんのシリーズ。それぞれ言えないぐらいのご縁のある方々とご一緒でき、また、小林(義則)監督とも数十年ぶりの再会、感無量でした。これ、絶対に面白いです。ぜひご覧ください」とのコメントを寄せた。

 そんなゲスト陣を迎え、座長の寺島は「ゲストの方に関しては、『素晴らしい! よくぞこのキャスティング!』と思ったので、プロデューサーにお礼を言いました。ゲストの方たちも、駐在チームの現場の雰囲気がとてもやりやすくテンポもいいので、喜んでくださったのもすごくうれしかったです」と笑顔で報告。

 最後に「粘り強くやり続けていけばすべて何事もやり直せる、再生力がある人間力、そういうのが大事だと思います。義理と人情、笑いあり涙ありですが、義理人情の中でも人間の生きる力、そういう希望のあるドラマなので、ぜひご覧ください!」と締めくくった。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.