News ニュース

寺島進主演「駐在刑事」Season3が決定。新レギュラーで藤井美菜が加入2021/11/26

 テレビ東京系では2022年1月14日から、金曜8時のドラマ「駐在刑事Season3」(金曜午後8:00)がスタート。これまでスペシャルドラマ6本、20年1月クールにSeason2が放送された人気シリーズで、今作でも、寺島進が奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている警察官・江波敦史を演じる。

 かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事だった江波役の寺島をはじめ、北村有起哉、笛木優子、佐藤寛太、鈴之助、市毛良枝らレギュラーキャストも続投。新シーズンでも、奥多摩の魅力的な美しいロケーションを背景に、人情とユーモアあふれるエピソードと、謎が謎を呼ぶ殺人事件を組み合わせた物語が展開する。

 寺島は「約10年弱、『駐在刑事』をやらせていただいていますが、Season3が決まったということで、ファンの方々が多くいらっしゃるのだなと実感し、続けてきてよかったなと思いました。見やすく、分かりやすく、そして美しく、というところは変わらず、Season3は刑事色が強くなりました。義理人情に加えて、奥多摩署の活動もちょっと盛んになっていますので、楽しみにしていただきたいです」と意欲を燃やす。

 警視庁捜査一課の管理官で組織を重要視し、人を大切にする江波と対立する加倉井国広役の北村は、「ドラマが続けられるということは、それだけ視聴者の皆さんのご支持があってこそだと思うので、本当に感謝しております。『駐在刑事』は1話完結で見やすく、非常に幅広い層の方々に支持を得ていると思います。そして奥多摩の雄大なロケーションは間違いなくこのドラマの醍醐味(だいごみ)の一つといえるでしょう」と感謝の意を表しつつ、作品の魅力を伝える。

 奥多摩水根図書館の司書で山岳ガイド、さらに水根旅館の「休処みやこ」の若女将(おかみ)も務める内田遼子役の笛木も「『駐在刑事』は奥多摩の大自然の風景と、なかなか都会で見られない推理やほっこりできるところ、ホロリと胸が締めつけられそうなところもあったりと、いろんな要素を持ち合わせているところが魅力ではないでしょうか。毎回のストーリーや一人一人キャラクターの味もあって見ている皆さまも感情移入がしやすいのかなと思います」とアピール。

 警視庁第九方面本部奥多摩専任特別管理官を務め、一度見たものは忘れないという特技を持つ、自称“エリート街道を歩む男”軽部翔平役の佐藤は「『駐在刑事』には長い間携わらせていただいていて、キャストの皆さんにもお世話になっていますし、自分の役にも愛着があります。同じ役を何度も演じられるという経験はなかなかないことなので、すごくうれしかったですし、奥多摩でいつものキャストの方々とまた会えるというのはすごくうれしかったです。Season3では、僕が演じる軽部の過去や、実はどういう人物で、どういう志を持っていたのかという部分に迫る回があるので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います」と見どころを明かす。

 水根旅館の跡取り息子で、自然を愛する山岳ガイド・池原孝夫役を務める鈴之助は「Season3が決まった時は、とにかくうれしくて感謝の気持ちが込み上げてきました。Season1、2と最高のチームで積み上げてきた作品。新たなシリーズが始まります。今までのSeasonを通して、登場人物の心の変化が描かれています。もちろんSeason3から見ても楽しんでいただけます。新キャラクターや、おなじみの登場人物、大自然に囲まれなにが起こるのかワクワクしながら、そしてその温かさに共感していただけたらと思います」とやる気をみなぎらせる。

 奥多摩の老舗・水根旅館の女将・池原美也子を演じる市毛は「『駐在刑事』は毎年帰る場所という感じです。昨年はコロナがあり収録できなかったので、Season3が決まったと聞いた時は、やっとまたこの季節が動き出したと思いました。奥多摩の景色と昭和っぽい人情が魅力的な『駐在刑事』ですが、Season3では、以前にも増して女性がパワーアップしています。奥多摩に新風が吹き込まれどう変わっていくか楽しみです。皆さんもぜひ楽しみにしていてください」とコメント。

 また、Season3には新キャラクターとして、男社会の警察組織で女性としてのプライドと仕事への意欲を持って突き進むキャリアウーマンで、捜査一課への転籍を強く希望する警視庁捜査二課の和泉玲香が登場。

 玲香を演じる藤井美菜は「キャリアと結果のために1人でバリバリ突き進んでいくタイプで、仲間意識が全くありません。場の雰囲気を読んだり、誰かの力を借りることは一切せず、人とぶつかってばかりの気の強い女性です。1話の台本を読んだ時は『なんて無礼な人なんだ』と思ったりもしましたが、ストーリーが進むにつれて、彼女が攻撃的になってしまった理由や、弱い部分も見えてきて、同じ働く30代独身女性としては、共感できる部分も多かったです。彼女が奥多摩という地に来て、そして江波さんという駐在さんと出会ってどう成長していくか、じっくり見守っていただければと思っています」と自身の役について語った。

 そんな藤井に関して、座長・寺島は「今回新レギュラーで出演する藤井美菜さんも素晴らしいです。鋭い表情もしますが、笑顔がチャーミングであったり、そのギャップがたまらないので、和泉玲香ファンの人が増えるのではないかなと思いますね」と絶賛。そして、「コロナ禍でいろいろとストレスがたまっている方々も多いと思いますが、『駐在刑事』を見たら、心のビタミン剤じゃないですけど、元気になると思うのでぜひ見てください」と呼びかけている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.