News ニュース

鈴木伸之主演で「自転車屋さんの高橋くん」がドラマ化。世話好き年下ヤンキー&内気なアラサー女子の胸キュンピュアラブストーリー2022/08/10

 鈴木伸之が、テレビ東京ほかでは11月にスタートする木ドラ24「自転車屋さんの高橋くん」(木曜深夜0:30、開始日未定)で主演を務めることが分かった。また、ヒロインとして内田理央が共演する。

 原作は、漫画家・松虫あられ氏による同名コミック。「第10回ananマンガ大賞」準大賞作品に選ばれるほか、「pixivコミックランキング2020『恋愛グルメ部門』」第3位、「このマンガがすごい!2022 オンナ編」13位、「マンガ大賞2022」第10位を獲得し、累計100万部超えのヒット作だ。

 東京出身の飯野朋子(内田)、略してパン子30歳は、岐阜で1人暮らしをしながら、会社勤めをしている。人付き合いが苦手で、自分の意見をはっきりと言えないパン子は、会社では上司から微妙なセクハラを受けたり、同僚からの誘いを断れずにいて悩む日々を送っていた。ある日、自転車で街に出かけた朋子は、チェーンが外れたことをきっかけに近所の自転車店を営む高橋遼平(鈴木)と出会う。イケメンだが見た目がヤンキーで、ちょっと強引な遼平を怖いと感じる朋子だったが、悩んでいることを否定せず、優しく寄り添ってくれる遼平に徐々にひかれていく。世話好き年下ヤンキーと内気なアラサー女子の大人の胸キュンピュアラブストーリーが幕を明ける。

 鈴木は、原作の魅力について「さまざまな登場人物とのやりとりや行動など、直接的な表現以外でキャラクターおのおのの人間性が描かれていて、とてもすてきな作品だと感じたのを覚えています」と伝え、「寡黙で不器用でありながらも、優しくて心が温かい人間であるという遼平の最大の魅力を、映像を通して皆さんに伝えられるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

 一方、「もともと原作の漫画を持っていて、真っすぐで優しい遼平くんにキュンとしていました。なのでドラマ化はきっとするだろうとは思っていたのですが…まさかパン子でオファーをいただけるなんて!!」と喜びを爆発させる内田。「半分が岐阜ロケで、原作のモデルとなった街での撮影となります。ギュッと凝縮された時間が過ごせるかなととても楽しみです。そして大垣で少しでもおいしいものが食べられるといいなと思い、パンフレットを熟読しております(笑)」と期待を寄せる。そして、「パン子として遼平くんの一番近くできゅんとしながらも、視聴者の皆さんを毎週ドキドキさせられるように精いっぱい頑張ります。ぜひお楽しみに!」と力強くアピールしている。

 ドラマ化にあたり、原作の松虫氏は「LDHさんにドラマ化のお話をいただいた時は、確か1巻が出てしばらくした頃。私はひそかに鈴木伸之さんがいいな~と思っていたら、LDHさんに高橋くん役に鈴木さんを勧めていただきびっくりしたのを思い出します。そしてパン子の役は難しくなかなか難航していたところ、ドラマで内田理央さんの演技にひかれたのを思い出し、お引き受けいただけるか心配でしたが、前向きにお引き受けいただけてうれしく思いました。そして、脚本の北川亜矢子さん。こちらの要望や提案を何度もお聞きいただき、とても面白い脚本に仕上げていただきました。私自身このドラマにとても期待しております」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.