News ニュース

木村拓哉&玉森裕太が初2ショット撮影!! 玉森のチャーハンに木村も衝撃!?2019/10/23

「グランメゾン東京」(TBS系)で共演する木村拓哉&Kis-My-Ft2・玉森裕太が「月刊TVガイド12月号」の表紙に登場し、「奇跡の先輩・後輩グラビア」と題したスペシャルグラビアを展開する。

 今作が“初共演”となった木村と玉森。実は、2人で撮影するのは同誌の表紙撮影が初めてということで、スタジオにいち早くやって来た玉森は終始ソワソワした様子。顔見知りのカメラマンを見つけると、「緊張する…」「ヘンなポーズをムチャぶりしないでね(笑)」と、落ち着かない表情で木村を待っていたのだった。そんな中、木村がスタジオに現れると、明るい雰囲気ですぐに撮影が始まり、玉森の緊張もシャッターが押されるたびにほぐれていく。中盤、談笑する2人を見てカメラマンから「背中合わせで腕を組んでストレッチして!」とまさかのリクエストが。撮影前にくぎを刺していた玉森は「えー!」と苦笑いするものの、木村は自ら玉森の腕を取り「こういう感じ?」と率先してポージング。「お互いを背中で担ぎましょう!」というカメラマンの“ムチャぶり”にも応え、腕を組んだまま笑顔が弾けた瞬間のカットが今回の表紙に採用された。

 インタビューでは、ドラマにちなんで「お互いを料理でおもてなしするなら?」という話題に。チャーハンをリクエストした木村に対し、玉森は「僕は具がないチャーハンが好きで…」と自分流のレシピを提案。木村が思わず「それチャーハンなの!?」と突っ込むなど、撮影とインタビューを通して距離が縮まっていく様子がうかがえた。初の2ショット撮影にして、一瞬で打ち解けた2人の表情に注目だ。

 また、巻頭は10ページ以上に及ぶ「おっさんずラブ-in the sky-」総力特集。田中圭、千葉雄大、戸次重幸、吉田鋼太郎の“超密着”グラビア、ドラマの撮影現場に2日間潜入取材してとらえた出演者たちの“2ショット密着”リポート、気になる今後の恋模様予想付きの人間関係図、さらには「おっさんずラブ」好きによる“おっさんずラブ愛”を語り尽くす座談会など、4大企画で今クールもっとも気になるドラマに徹底フォーカスする。

 都内スタジオで行われた4人のグラビア撮影では、早くも4人のチームワークが随所に。「ぎゅっと顔を寄せてください」とスタッフが指示すると、吉田が率先して4人を抱きかかえるポーズを披露。田中は、カメラマンの服装や言葉にツッコミを入れながら周囲を笑わせ、現場を“おっさんずラブ色”にしていく。ラストカットで「はるたんを本気で取り合ってください!」とリクエストすると、遠慮がちな戸次、千葉を前に吉田は一瞬にして“武蔵モード”に。「誰にも渡さない!」とばかりに田中の腕を引っ張ると、田中も瞬時に「困惑するはるたん」の表情を浮かべ、まるでドラマの名場面を見るようなカットが収められた。

 4人での座談会も開催。新たな「おっさんずラブ-in the sky-」が始動した舞台裏を田中が明かし、「鋼太郎さんから、おまえが『おっさんずラブ』を背負え、と愛ある説教をされて、出演を決めました」と熱いエピソードを披露した。田中の心に火をつけた吉田は「真剣に、真剣に、はるたんを愛すること。はるたんへの愛の深さを増したいと思います」と意気込みを語り、その気迫(?)に「誰も鋼太郎さんには勝てる気がしない(笑)」(戸次)、「頑張らないと…」(千葉)と、早くも恋のライバルたちを圧倒する一幕も。さらには、「おとなのラブ」をテーマにしたトークで、田中が「子どもへの愛情も大人のラブだと思う。自分が親になって初めて分かりました」と“ラブ論”を語った。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.