News ニュース

阿久津仁愛、立石俊樹、一ノ瀬竜、小西詠斗らが「FLAIR BARTENDER’Z」でカクテルに情熱を懸ける男たちを熱演!2022/07/04

 MBSほかでは7月21日から、ドラマ特区「FLAIR BARTENDER’Z」(木曜深夜0:59。初回は深夜1:00)の放送が決定。阿久津仁愛、立石俊樹、一ノ瀬竜、小西詠斗ら、さまざまな舞台で主役も務める豪華キャストが集結する。

 本作は、ボトルやシェイカーを投げたり回したりと、華麗なパフォーマンスで客を楽しませながらカクテルを作る競技・フレアバーテンディングの世界で、1杯のカクテルに情熱を懸ける男たちが技とテクニックを競うエンターテインメント作品。父の面影を追う黒沢瑛人(阿久津)、音楽の道に挫折した夏目遠矢(立石)、諦めた過去への未練くすぶる久野誠一郎(一ノ瀬)、絶対的なプライドを持ちながら兄やライバルとの確執を抱く五十嵐新(小西)の4人が、それぞれの生き方を背負い込み、さまざまな夢を描きながら、競技バーテンダーとして、熱き戦いを繰り広げていく。出演者が挑むフレアバーテンディングの技、テクニックなど華麗なパフォーマンスにも注目だ。

 また、完全オリジナルストーリーとなる本作の脚本は、「駄々の塊です」「メロメロたち」など劇団「悪い芝居」の脚本・演出ほか舞台「賭博黙示録カイジ」や、リーディングアクト「六人の嘘つきな大学生」の演出も手掛ける山崎彬氏が担当。監督は、舞台「血界戦線」シリーズや、舞台「憂国のモリアーティ」シリーズの脚本・演出など多数の作品を手掛けている西田大輔氏がメガホンをとる。なお、主題歌は、数々のヒット舞台の楽曲を担当するmanzoが作曲、テルジヨシザワが作詞を担当している。

 周りから称賛されるほどのフレアの腕を持ちながら、どこか冷めた目で周りを見ている黒沢を演じる阿久津は、「フレアという今まで触れたことのない、とても貴重な経験をさせていただきどっぷり魅力を感じてフレアの世界にハマりました。撮影もすてきなキャストの皆さん、スタッフの皆さんに支えられいろいろなことを学び、吸収しながら臨むことができました。時間があまりない中での撮影でしたがベストを尽くしながら充実した時間を過ごすことができました。放送がすごく楽しみで今からとてもワクワクしてます!」と精いっぱい、役に挑んだことを報告。

 短気で向こう見ずな一面を持ち、音楽の道を志すも、その夢に破れ自暴自棄の夏目に扮(ふん)する立石は、「今回演じるのはフレアバーテンダーの役柄ですが、フレアバーテンディングについてはこのドラマをきっかけに初めて知りました。実際にプロの方のパフォーマンスを直で拝見して衝撃を受けました。出来上がったカクテルをいただいたり、レッスンをしてもらい、クランクイン前に新たな学びを得て撮影に臨みました」と明かし、「今までも感じてきたことですが、一朝一夕には得られない技術だからこそ、こんなにも人を魅了するものだと思ったし、努力なしでは誰かの心を揺さぶることなんてできないものだなと、あらためて実感しました。それぞれの人間ドラマが交差する中、フレアバーテンディングを通してどう変われるのか、変化していくのか、ぜひ放送を楽しみにしていてください!!」とメッセージを寄せる。

 データ分析が得意なインテリ系で、家業の酒蔵を継いだことでフレアを諦めた過去を持つ久野役の一ノ瀬は「台本を読んで、誠一郎の”自分のやりたいこと”と”やらなければいけないこと”の間で葛藤する姿にとても共感しました。誠一郎は誰よりもフレアに対しての熱い情熱を持っている男ですが、その葛藤や情熱を大きく表には出さずに、目の奥に思いがしっかり宿るよう、意識して誠一郎を演じました」と役柄と役作りについて触れ、「フレアは、家や公園などでひたすら練習をしたので、ぜひ僕のフレアバーテンディングにも注目して見ていただきたいです」とアピールする。

 フレアの腕に絶対的な自信を持ち、フレアから逃げ出した兄やライバルとの確執を持つ五十嵐役を小西が務める。「今まで演じたことがない役柄、そして演じてみたい役柄だったので、新を演じている日々はとっても新鮮で楽しかったです。フレアは初挑戦で苦戦もしましたが、監督の西田さんが現場を和ませてくださって、変に緊張せず、役に入り込んで楽しくフレアをすることができました」と感想を語る小西は、「とてもいい作品になっていると思います! 放送を楽しみにしていただけるとうれしいです!」と呼び掛けている。

 そのほか、フレア・ソロ部門で優勝経験を持つフレアバーテンダー・比嘉玲紀役に植田圭輔、フレア・ダンデム部門の現役チャンピオンで、知り合いの誠一郎を気にかけている梶原雄大役に和田雅成。梶原と共にフレア・ダンデム部門の現役チャンピオンで、自暴自棄の遠矢に八つ当たりされる峯田伸一役に染谷俊之、新の兄でフレアの腕はイマイチだが瑛人と大会出場を目指す五十嵐涼役に小南光司、瑛人と涼が働くバーのマスター・小日向譲二役に早乙女じょうじ、気の弱い子分気質だがフレアのことになると熱い一面を見せる早乙女純役に末吉9太郎。久野酒造の蔵人でけがで夢を諦めた経験を持つ瀬名大介役に田口司、新の配信動画チャンネルの撮影者で、よき理解者の神木陽太役に佐藤たかみち、伝説のバーテンダー・七郎役に森山栄治が名を連ねている。

 なお、本作は、テレビ神奈川(7月21日スタート 木曜午後11:00)、チバテレ(7月22日スタート 金曜午後11:00、初回・第2回は深夜0:00)、とちテレ(7月28日スタート 木曜午後10:30)、テレ玉(7月28日スタート 木曜午後11:30)、群馬テレビ(7月28日スタート 木曜午後11:30)でも放送予定。MBS 放送後には、TVer、GYAO!、MBS 動画イズムでの1週間の見逃し配信が実施される。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.