News ニュース

「ちょい釣りダンディ」臼田あさ美が魅力をアピール。「釣りの知識がなくても楽しめる」2022/07/04

 BSテレ東で本日7月4日にスタートする「ちょい釣りダンディ」(月曜深夜0:00)の記者会見に、主演の臼田あさ美、共演の上地雄輔、太田莉菜が登壇した。

 ドラマの原作は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)に不定期連載中の阿鬼乱太氏による話題の人気漫画。東京都内の建築設計事務所に勤める檀凪子(臼田)、通称・ダンディは釣りをこよなく愛し、会社帰りや仕事の合間など空いた時間で釣りを楽しむ、”ちょい釣り”女子だ。釣りができそうなスポットを見つけては、図面ケースに忍ばせた釣具を取り出し、釣りを始める。海釣り・川釣り・食パンを使ったコイ釣りまで、彼女の手にかかればどんな魚でも釣られてしまう。そして、釣った魚を新鮮なうちにおいしく食べるのも、釣りの醍醐味(だいごみ)。遊び心を忘れてしまった大人たちに捧ぐ、女性の釣りドラマになる。

 臼田は「釣りの面白さがジワジワと伝わってくる作品で、釣った魚をどう調理して食べるのかなど、おなかのすくドラマにもなっています。あまりに自分とかけ離れた主人公だったので、私に演じられるのかな?と思いましたが、釣りの知識のない私でも楽しめる内容になっています」とアピール。原作から主人公の性別を変えてのドラマ化だが、「原作では男性が主人公ですが、そこを再現しようと思っても無理があると思うので、原作のストーリーも生かしつつ、ドラマならではの面白さが込められたいいと、いい意味で意識せずに演じました」と明かした。

 釣りにも初挑戦し、「ここ最近は暑くて自然を感じることが多くて、朝から日が暮れるまで海を眺めていたりもするので、自然に触れることが多いです。浜釣りのシーンでは暑い時もあれば、雨が降って寒い時もあったりして、自然と対峙(たいじ)する1日だったので印象深いです」と振り返った。

 建築設計事務所の社長で、ダンディに対してほのかな恋心を抱く天王寺誠役を務める上地は、釣りビギナーという設定で「実際はこの中で一番うまいし、撮影中にばかばかと釣れる。釣りの先生からも『どうやって釣っているんですか?』と聞かれるくらいで、このドラマを通して目覚めました」と才能を発揮している様子で、太田は「釣りのシーンに躍動感があって、釣り人たちとの一期一会のすれ違いエピソードも魅力的です」と見どころを伝えた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.