News ニュース

上地雄輔と太田莉菜が臼田あさ美主演「ちょい釣りダンディ」にレギュラー出演決定2022/06/10

 BSテレ東で7月4日にスタートする、臼田あさ美が主演を務める「ちょい釣りダンディ」(月曜深夜0:00)に、上地雄輔と太田莉菜が出演することが分かった。

 ドラマの原作は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)に不定期連載中の阿鬼乱太氏による話題の人気漫画。東京都内の建築設計事務所に勤める檀凪子(臼田)、通称・ダンディ。檀は釣りをこよなく愛し、会社帰りや仕事の合間など空いた時間で釣りを楽しむ、”ちょい釣り”女子だ。釣りができそうなスポットを見つけては、図面ケースに忍ばせた釣具を取り出し、釣りを始める。海釣り・川釣り・食パンを使ったコイ釣りまで、彼女の手にかかればどんな魚でも釣られてしまう。そして、釣った魚を新鮮なうちにおいしく食べるのも、釣りの醍醐味(だいごみ)。遊び心を忘れてしまった大人たちに捧ぐ、女性の釣りドラマになる。

 上地が演じるのは、檀が勤める建築設計事務所の社長で、檀に対してほのかな恋心を抱く天王寺誠。上地は「自分時間が増えたこのご時勢で、視聴者の皆さまが自分の時間をどういうふうに過ごすかを、このドラマを気軽に見ながら、あらためて見つけていただきたいと思い、作品に挑んでいます。時間がゆっくり流れているドラマなので、嫌なことがあったり、つらいことがあったり、疲れていても、寝っ転がりながらでもいいので、肩の力を抜いて見ていただければ、体も心もリフレッシュして次の日を迎えられると思います」とアピール。

 そして、太田が、檀の幼なじみで、行きつけの小料理屋「夕まづめ」の女将(おかみ)・七瀬いつきに扮(ふん)する。主人公・檀凪子をめぐる、天王寺といつきの恋の争奪戦も見どころだ。

 太田は「いつきは『夕まづめ』という小料理屋の若女将であり、凪ちゃんラブの釣り人でもあります」と役柄を紹介しつつ、「撮影が進みながら、日に日に釣りの魅力に目覚める気持ちがとてもよく分かりました。釣りをしている時の安心感や穏やかさ、スッとする清涼感を、臼田さんはじめ現場の皆さんにも感じております。皆さまとドラマの世界を共有できる日がとても楽しみです!」と期待している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.