News ニュース

小関裕太が「石子と羽男」第1話にゲスト出演。赤楚衛二の同僚役2022/06/17

 小関裕太が、有村架純と中村倫也がダブル主演を務め、TBS系で7月にスタートする連続ドラマ「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」(金曜午後10:00、開始日未定)の第1話にゲスト出演することが分かった。

 ドラマは、問題を抱えてマチベン(町の弁護士)のもとにやって来る人々の人生や社会にひそむ問題、またそれに関わる人間模様を描くリーガル・エンターテインメントだ。4回司法試験に落ちた崖っぷちで東大卒のパラリーガル(弁護士の指示・監督の下で、法律関係の事務に携わる専門職)の石田硝子(有村)と、司法試験予備試験と司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男(中村)。正反対のようでどこか似た者同士の“石羽コンビ”が、さまざまなトラブルに挑む中で、自らのコンプレックスに向き合い成長していく姿をオリジナル脚本でコミカルに描く。

 第1話で、スマートフォンをカフェで充電していたら訴えられてしまった依頼人・大庭蒼生役を赤楚衛二が演じるのは既報の通りだが、小関が演じるのは大庭の同僚。果たして彼は“石羽コンビ”の初仕事にどう関わっていくのか。その詳細は放送で明らかになる。

 小関は「この作品に出てくる事件は誰もが身近に感じているものばかりで、身近であるが故にそこに眠る意外な側面に驚かされるのではないでしょうか。とても小さなことでも起訴されてしまうのだと、僕は衝撃を受けました。ただ法のことをもっとよく知って味方にすれば、訴える方だとしても訴えられる方だとしても生きやすくなる。そんな切り口からさまざまな『知るきっかけ』がもらえる作品です」と作品の魅力を伝える。

 そして、「ストーリー展開も面白く、僕自身も台本を読んでいる最中、これはこうだったのか! これはこうだったのか!!と楽しく翻弄(ほんろう)されていました(笑)。ぜひ新ドラマ、お楽しみください!」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.