News ニュース

飯豊まりえと浅香航大が刑事サスペンス「オクトー」でバディに! “感情の色が見える”刑事が活躍2022/06/08

 日本テレビ系では、飯豊まりえが主演、浅香航大が共演する新木曜ドラマ「オクトー~感情捜査官 心野朱梨~」(木曜午後11:59)を7月7日より放送する。

 本作は、人の“感情の色”が見える変わり者の女性刑事が、感情見え見えのエリート崩れ男性刑事とバディを組んで、目に見えない感情から凶悪事件の深層に迫る新感覚の刑事サスペンス。「喜び・信頼・恐れ・驚き・悲しみ・嫌悪・怒り・期待」あらゆる感情は八つの基本感情が混ざりあって生まれる、という実在する心理学理論「プルチックの感情の輪」を元に感情を映像化したオリジナル作品だ。

 飯豊が演じるのは、神奈川県警東神奈川署・刑事第1課強行犯1係、巡査部長の心野朱梨。15年前、自宅に押し入った男に両親が殺害された事件以降、目を合わせた相手の感情を色として見ることができるようになる。人と話す時は感情を見ないようになるべく視線を逸らすため、周囲からは人嫌いだと思われがちな人物だ。取調室において、事件の動機となる感情を見ることで真犯人を見つけ出していく。

 一方、浅香が演じるのは、神奈川県警東神奈川署・刑事第1課強行犯1係係長、警部補の風早涼。警察庁でエリート街道を歩んでいたが、ある事件がきっかけで神奈川県警へ異動となり朱梨とバディを組むことになる。

 飯豊は「今回私が演じる心野朱梨は、15年前のある事件がきっかけに目を合わせた相手の感情を“色”として見ることができるようになってしまった女性です。そんな朱梨が、浅香さん演じるバディの涼と、日々巻き起こる凶悪事件や、15年前の事件の真相にも迫っていくドラマです。ドラマ劇中ではモノクロのスタイルが多いのですが、感情を八つの色で見ることができ、スケッチをしながら凶悪事件の真相に迫る役柄ということで、今回そのイメージに合わせたビジュアルを撮影しました。この衣装は、衣装さんが何日もかけてゼロから作っていただいたものですし、今日も、監督さんや皆さんの意見をもとに、メークさんが顔や手に、その場で色を追加していくライブ感があったりと、みんなで心野朱梨を作っていくんだなと感じました。クランクイン前で少し不安な気持ちもありましたが、1人じゃないんだな!と、心野朱梨を演じるのがとても楽しみになっています!」と撮影開始に期待を寄せている。

 浅香は「『オクトー』はドラマオリジナルの作品で、犯人を捜す、トリックを暴いて事件を解決するという刑事ドラマとはちょっと違っていて、“感情の色が見える”朱梨とともに、犯人と向き合って、“動機解明”、“犯罪を引き起こす根幹となる感情”を探っていくところが新しいなと。一見“動機が見えない”凶悪犯罪が起こっている今の時代だからこそのドラマかなと思いました」と本作ならでは魅力を語る。

 そして、「ドラマに臨むにあたり髪の毛を切ったんですが、10年ぶりぐらいの短さで、照れています。ただ、今回のビジュアル撮影でも、照明などもあって、よく撮っていただいたんで、ドラマ撮影が楽しみになってきました。飯豊さんやほかの出演者の方々、スタッフの皆さんと良いドラマにしていきたいです」と意欲を燃やしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.