News ニュース

乃木坂46・与田祐希主演「量産型リコ」の追加キャストが発表。藤井夏恋が地上波連ドラ初出演2022/05/24

 テレビ東京系で6月30日からスタートする乃木坂46・与田祐希主演の木ドラ24「量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-」(木曜深夜0:30)の追加キャストが発表され、藤井夏恋、望月歩、中島歩、前田旺志郎、石川恵里加、与座よしあき、森下能幸、マギー、田中要次が出演することが分かった。

 ドラマは、ちまたにいるごく普通の女子である主人公・小向璃子(与田)が、仕事にプライベートに自問自答しながら、プラモデルというホビーとの出合いを通じて、大人へと組み立っていく成長記。「BANDAI SPIRITS」の制作協力の下、各話に実在するさまざまなプラモデルが登場するのも見どころとなっている。

 藤井が扮(ふん)する中野京子は、璃子が務めるイベント企画会社「FUNFUN CREATE」で同じイベント3部に所属するお姉さん的存在。地上波連ドラ初出演となる藤井は「撮影現場に入るまでは楽しみな半面、ちょっぴり緊張もしていました」と明かしつつも、「撮影がスタートした今はすごくリラックスできています! それくらい居心地がよく穏やかな空気が流れる現場です」と現場の雰囲気を伝える。

 続けて、「中野さんは言葉遣いが強めなところがあるけれど、決して悪気があるわけじゃないというのは演じる上ですごく繊細な部分でもあります。(怖いお姉さん的存在にはなりたくないので…(笑))視聴者の皆さまにとって”こんな姉御肌の人が近くにいたらいいなぁ~”という存在になれたらうれしいなと思っています」と意気込みを語っている。

 望月が演じるのは、イベント1部から3部に移動してくる璃子の後輩・高木真司。望月は「この作品は、プラモデル作りを通していろいろなことを感じ、それぞれがちょっとした成長をしていくお話です。どの登場人物も嫌いになれない魅力がある。そんな登場人物たちが集まった作品だと思います」と本作の見どころをアピール。

 また、1部のエース・大石亮太役を務める中島は、「『量産型』という言葉にドキッとするのは僕だけでしょうか。僕は量産型にはなるまいと、人とは違う自分らしさを探し、もがいた大学生の頃を思い出します」とタイトルのインパクトについて抱いた印象を語り、「今久しぶりに考えてみると自分らしさとは、自分は何が好きで何が嫌いか、ということです」と自分なりに見いだした答えを口にし、「このドラマではそんな『好き』に出合い、目を輝かせるかわいらしい人間の様子が描かれることでしょう。1日の終わりに好きなお菓子でもつまみながら、ぼんやり眺めてみてください」と呼び掛ける。

 璃子の同期で、1部に所属している浅井祐樹を演じる前田は「脚本を読ませていただいて、今の僕ら世代に特に刺さる内容ではないかと思いました。僕自身アイデンティティーや自分らしさみたいなものってなんだろうって考えることが、大学生になりとても増えました。周りに嫉妬し自分には何もないと思う方も、僕同様にいらっしゃると思います。そんな人たちの背中をそっと押せるような温かい作品になればいいなと思っております。僕も浅井として演じるなかで、自分と向き合い前を向けるよう頑張りたいです」とコメント。

 そのほか、3部の年長組として、与座は猿渡敦役を、森下は部長代理・雉村仁役を、マギーは部長・犬塚輝役をそれぞれ演じる。そして、璃子が「矢島模型店」で出会う人たちとして、石川はアルバイトの郁田ちえみ役を、店主で“やっさん”こと矢島一役を田中が演じる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.