News ニュース

眞栄田郷敦主演「カナカナ」に桐山漣、渡辺大、栄信、円神・瀧澤翼が出演。ラスボスはこの中の誰だ!?2022/04/27

 眞栄田郷敦が主演を務め、NHK総合で5月16日スタートの夜ドラ「カナカナ」(月~木曜午後10:45)に、桐山漣、渡辺大、栄信、瀧澤翼(円神)の出演が決定。また、主題歌は、PEOPLE1(ピープルワン)の「YOUNG TOWN」となることが発表された。

 「今日から俺は!!」などで知られる西森博之氏の同名人気漫画を連続ドラマ化したハートフルコメディー。元ヤンキーの青年と、人の心を読み取れる不思議な力がある孤独な少女の凸凹な日々を描く。

 眞栄田が演じるのは、居酒屋「パイセン」の店主の日暮正直(通称・マサ)。1人で不良100人を相手にけんかして勝った伝説を持つが、実は野生の動植物に詳しい心優しき青年というキャラクターだ。そして、他人の心を読める力を周囲に知られないよう心を閉ざして生きてきたが、マサとの出会いによって変わっていく少女・佳奈花役を加藤柚凪、元ヤンキーの会社員で、何かとマサに突っかかるが、実はマサのことが大好きなツンデレ女子の沙和役を白石聖、マサの一番の親友の岸辺勇介役を前田旺次郎が務めるほか、新川優愛、橋本じゅん、宮崎美子、武田真治らが出演する。

 そして、今回発表された4人は、マサの敵として劇中に登場。桐山が演じるのは、二浦署署長・桐島敬也。キャリア採用のエリートだが、なぜかマサのことを知っている人物だ。また、ヤミ賭博場の主で、佳奈花の叔父・沢田(武田)を借金漬けにするなど、二浦の闇の世界を牛耳っている支配人の久保役を渡辺、洋食「イワオ亭」の店主で、店に客が寄りつかずマサのもとで修業をすることになる巌太郎丸を栄信、マサの伯母・岩井真実(宮崎)の長男で、反抗期中のためマサが教育係を買って出る岩井陽斗を瀧澤が務める。

 眞栄田は「今回発表された4人の中の誰かによって、マサとカナはいろいろなトラブルに巻き込まれますが、そのおかげでマサ・カナの家族としての絆がどんどん深まっていきます。そんな2人の成長を見て、ほっこりしてもらえたらうれしいです。気づいたらポロッと涙が流れていることもあるかもしれませんよ」と心温まるストーリーになっていることを予告し、「同時に、新たなメンバーたちが加わることによって居酒屋『パイセン』がより個性あふれる、にぎやかな場となります。撮影をしていても、こんな居酒屋が本当にあれば!と思うほど、最高に楽しい空気が流れています」と現場の雰囲気を報告。

 さらに「今回、主題歌を書いてくださったPEOPLE1さんの『YOUNG TOWN』は、そんないつも明るくポップな雰囲気とほっこりするこの作品の二つの要素を見事に表現されていて、“『カナカナ』っぽいね!”とみんなで盛り上がっています! 実は、タキツバ(瀧澤)に曲に合わせたダンスも考えてもらってキャスト一同、猛特訓しています(笑)」と和気あいあいと撮影が進んでいることを伝え、「最後にパイセン命令。月曜日から木曜日、夜の15分間だけでいい。オレたちにくれ!」と呼び掛けている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.