News ニュース

「キングオブコントの会2022」全ラインアップが発表!2022/04/08

 TBS系では4月9日に、新作のコント番組「キングオブコントの会2022」(午後7:00)を3時間にわたって放送。同局を代表するお笑いコンテンツ「キングオブコント」とゆかりのある芸人たちが、番組のために書き下ろした新作コントを披露する。

 昨年に続き2回目の放送となる今回は、松本人志を中心に、審査員を務めたさまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)、バナナマン(設楽統、日村勇紀)、さらには、歴代チャンピオンである、東京03(豊本明長、飯塚悟志、角田晃広)、ロバート(山本博、秋山竜次、馬場裕之)、バイきんぐ(小峠英二、西村瑞樹)、かもめんたる(岩崎う大、槙尾ユウスケ)、シソンヌ(じろう、長谷川忍)、コロコロチキチキペッパーズ(ナダル、西野創人)、ライス(田所仁、関町知弘)、かまいたち(山内健司、濱家隆一)、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)、どぶろっく(森慎太郎、江口直人)、ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)、空気階段(鈴木もぐら、水川かたまり)の総勢12組が集結する。

 これまでに松本、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ハナコの新作コント内容を解禁済みだが、このたび全コントラインアップが一挙に公開された。

 かまいたちのコント「路上ミュージシャン」では、ジャルジャル・後藤&どぶろっく・森が扮(ふん)するストリートミュージシャンの路上ライブに予期せぬ珍客が乱入!? 「怖いネタですね(笑)」(設楽)、「ヒリヒリする」(松本)とMC陣が語った“クセ強キャラ”たちの攻防に注目だ。

 かまいたちは「笑わないように気を付けることになるとは思ってなかったです。もともと笑わないように気を付けていた人とは別の人が急浮上してきて…(笑)。危なかったです。あと、前回僕らはコロナで出られなくなって、濱家は泣いてました。その時もネタ考えてたんですけど、今回はその時とは違うネタを作ってきました。参加できてよかったです!」と喜ぶ。

 前回放送で30分近くの長尺コントを繰り広げたロバートは、今回も最長コント「ママ友」を披露。ロバート・秋山、山本、かもめんたる・槙尾が扮(ふん)する“ママ友”同士の爆笑展開に期待。さらに秋山が「座ってるだけでヤバそうだから選んだ」と言うバイきんぐ・西村と、ほぼ本人のまま出演したというライス・関町の絡みも見どころだ。

 ロバートは「まず、最初のネタ会議の時に、前回長すぎたから今回は少ないメンバーでコンパクトにやろうってなって。そしたら結局24分で。圧縮はやっぱりテレビ局さんにお任せしたい。それが僕たちのやり方で、やりたいようにやって、あとはテレビ局さんにお任せして…(笑)。(キャスティングは)イメージ通りでしたね。この世界観に巻き込んじゃって申し訳ないという気持ちですね。今回は『いるっちゃいるか。いなくはないかな』っていう(キャラを)ちょっと過剰にしてみました」とポイントを明かしている。

 ジャルジャルは、かもめんたる・岩崎う大と組んで「脚本家とエグゼクティブプロデューサーの2人を記者が取材する」という設定のコントを披露。序盤の爆笑展開から一転、事態は次第に“ゾッとする”方向へ!?  3人の演技力が光る衝撃の展開は見逃せない。

 ジャルジャルは「いやぁ〜すごかったです。白熱してましたね。う大さんが豹変するというか、う大さんの顔と演技力があればどんなコントも厚みが増します。見どころは、僕目線で言うところの2人の顔(後藤)。僕目線で言うと、2人の顔(福徳)。顔のコントなんですよね、結局(笑)」と紹介する。

 そのほか、どぶろっくの超異色コントや、「1人に対してかかったお金が最高額だった」(岩崎)と明かすかもめんたるの“ファンタジー”なコント、松本が「怪獣大戦争みたい(笑)」と評した東京03のコントなど、歴代「キングオブコント」チャンピオンたちがそれぞれのカラーを存分に打ち出した珠玉のネタが続々と登場する。

 どぶろっくは「この曲をやりたいなっていうのがあったんですよ。これをコントにするにはどうしたらいいんだろうって考えて。初めての試みです。なるべく皆さんとかぶらない、皆さんがやらないようなことをやりたいっていうのがあったので。でも下手したら、うまくいくと、今回の目玉になるかもしれません!(笑)。このままのパッケージで商品化的なこともゼロじゃないんじゃないかと(笑)」と企画への自信をのぞかせる。

 かもめんたるは「(ネタのジャンルは)なんて言うんですかね、モンスター? ジャパニーズヤクザもありますし…。見どころは、逆にこっちがみんながどう感じて見てくれるかっていうのがすごく興味がありますね。お茶の間がどうなるのかなって。かもめんたるがいつもやってる“気持ち悪い”要素もありながら、いつもとはちょっと違う、もしかしたらポップな要素もあるかもしれないし。憧れのテレビコントの世界をそのままやらせていただきました」と視聴者の反応が気になる様子。

 東京03は「ちゃんとテレビコントっぽくなってます。安心して見てください。(共演した芸人は)ずっと憧れてた2人です。われわれにないものをすべて持ってる。すごいです、パワーが! 後から登場して完全に壊れてたよね…前振り担当の東京03になってました(笑)。共演芸人をまぁ、生かしますよ! 東京03のバイプレーヤーぶりがすごく発揮されてるネタになってると思います」と共演者のすごさをアピールする。

 「立てこもり」で豊本、濱家、じろう、森、江口と共演した空気階段は、「あるリストを基に、共演者の皆さんに声をかけさせていただきました。ある一分野において秀でてる方々にお集まりいただいて、その結果、すごくいいものが出来上がったと思います。皆さんにめちゃくちゃ面白くしていただいて、感謝しかないです! 本当に見ていただきたいです。見ていただいたら、リストがどういうものか一目瞭然だと思います」と期待をあおる。

 さらに、コロコロチキチキペッパーズは「素晴らしいメンバーの方々とこんな機会ないので、めちゃめちゃ緊張してたんですけど、三村さんがすごく場を和ませてくださって楽しくやらせていただきました。最初は三村さんとナダルが揉めたら面白いなぁっていうのをなんとなく想像してたんですけど、やっていくうちに角田さんとナダルが揉め出して(笑)。あとは、どぶろっくの森さんがギターを持たずに出演しているので、どういう出方をするのかっていうのも見どころですね。本当にオンエアが楽しみです!」と内容を紹介。

 ライスは「ドラマを見ているようだったというか、全員芸人というか役者の顔になってました。相乗効果でみんなどんどん良い演技になってました。正直、もぐらとナダルは明日にでも一緒にできそうな感じですけど、東京03さんとこうやってちゃんとやるのは初めてで、本当に貴重な体験をさせていただきました。ありがたかったです」と振り返っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.