News ニュース

鈴木仁&川津明日香のW主演で“再燃系”ラブストーリー「モトカレ←リトライ」を実写化2022/03/15

 鈴木仁と川津明日香が、MBSほかで4月7日にスタートするドラマ特区「モトカレ←リトライ」(木曜深夜0:59)でダブル主演を務めることが分かった。

 ドラマの原作は、2015~17年まで小学館「月刊Cheese!」で連載され人気を博した華谷艶氏の同名コミック。中学時代の初めての彼氏とその失恋を引きずったまま大学生になった蜜が、偶然隣の部屋に住んでいた、すっかりモテ男になっている元彼の楓と繰り広げる、恋の炎“再燃系”のやり直しスウィートラブストーリーだ。

 鈴木が演じるのは、恋愛以外ならなんでも器用にこなし、成績もトップクラスのイケメン男子・楓。歩いているだけで振り返られるほどのかっこよさだが、嫉妬深く心配性で、蜜をゆさぶる役どころだ。一方、川津は、忘れられない楓に大学で再会するも、彼の親友である“いちず系”の和葉やら、タイプの違う“メガネ系”の乍先生やら…恋愛偏差値の高い男子の中で大学生活を送る、天真らんまんな愛されヒロイン・蜜を演じる。

 中学時代のトラウマを引きずったまま大学生になった蜜が引っ越した先の隣の部屋には、5年経ってすっかりモテ男になっているが、優しい笑顔は変わらない元彼の楓が。「やばい。また好きになっちゃう」…自分のだめなところも全部知っている彼が、あれからどんな子と付き合ったのか気になってしまうし、優しくされると勘違いしそうになるからなどと、蜜の妄想は膨らむばかりだ。しかし、楓は何やら企んでいる様子で蜜に近づく。昔の恋など忘れて楽しい大学生活を送るはずが、成長した元彼とその親友、異常に恋愛偏差値の高い男子2人に挟まれ、一筋縄ではいかない楓と蜜の大学生活が始まる。

 鈴木は「今回演じさせていただく楓は、蜜への思いが強すぎるがあまり、真っすぐで少し変わっているように見える一面があると思いますが、ふとした瞬間に出るかわいらしいところが楓らしさかなと思っています。蜜への途切れない思いをどのように深く掘り下げて彩っていくかを、監督と話し合いながら自分らしく、そして楓らしく演じていければと思います」と役作りについて触れ、「恋愛に関して、素直に気持ちを伝えられないところや、離れ離れになっても気持ちが残っているところなど、誰しもが共感できる部分があると思いますので、皆さんの経験と重ね合わせながらご覧いただければと思います」とメッセージを寄せる。

 川津は「お話をいただいた時、蜜はなんて素直でかわいいキャラクターなんだろう!って思いました。蜜と元彼の楓は純度が高いと思うので初々しさを出しつつ、2人が大学で再会して成長していく姿にも注目していただけるとありがたいです。キュンキュンするシーンも満載なので、漫画のよさを最大限生かしつつ、映像だからこそ表現できる蜜を演じられればと思いますので、放送を楽しみにお待ちください」とアピールしている。

 華谷氏は「実写化はずっと夢でしたので、とてもうれしかったです。池田千尋監督をはじめ最高のスタッフ、キャストの皆さんに参加いただけると聞いてとても楽しみです。鈴木仁さんは本当に楓のイメージぴったりで『この方しかいない』と思いました。川津明日香さんもかわいさの中にも心(しん)の強さのある蜜そのもので、お二人に演じてもらえるなんて作者としてとてもありがたいです」とドラマ化に期待十分。そして「原作の始まりと同じ、春にスタートするドラマ『モトカレ←リトライ』。私と一緒に楽しんでいただけたらうれしいです」と呼び掛けている。

 なお、本作は、テレビ神奈川(4月7日スタート 木曜午後11:00)、チバテレ(4月8日スタート 金曜午後11:00)、とちテレ(4月14日スタート 木曜午後10:30)、テレ玉(4月14日スタート 木曜午後11:30)、群馬テレビ(4月14日スタート 木曜午後11:30)でも放送予定。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.