News ニュース

城島茂が「おぎやはぎの愛車遍歴」で明かすTOKIO結成秘話2022/03/14

 城島茂が、BS日テレで3月15日放送の「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」(午後8:00)に出演する。今回は、民放BS5局とTOKIOのメンバーがコラボする企画「民放BS5局×TOKIO みんなでBSをつくろう!」の一環として、レギュラー枠(土曜午後9:00)を飛び出して、2時間スペシャルで放送。MCのおぎやはぎ(小木博明、矢作兼)から「(車の好みが)意外と謎なのがリーダーだな」と手紙で出演オファーを受けた城島が、「BSならでは、『愛車遍歴』ならではのエピソードが出てくるかも」とノリノリで誘いを引き受けた。

 20歳で運転免許を取得した城島。そのきっかけになった、仕事に関わる苦い思い出を振り返る。29歳での初愛車は、コンパクトカーの新時代を切り開き、世界でも人気を博した国産車だった。地に足付けた言動で信頼を得ているTOKIOのリーダーらしいチョイスに、矢作も「さすが俺らの思っている城島リーダーだな。調子に乗ってないわ」とうなずく。

 初愛車購入から約20年で、乗った車はわずか4台。それは一台一台に愛情を注いできた証拠だ。長持ちの意外な理由も打ち明ける。さらに、CDデビューが決まったグループと事務所の車に関連する裏話や、あのメンバーと車でのダブルデートの思い出、運転していても気付かれにくいテクニックなど、思い切った話も数々披露する。また、放送27年、ライフワークとなった「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)を通して、ものづくりの大切さを身をもって学んだという城島。そんな思いがあるからこそ、カスタムしすぎて後悔している愛車があったという。

 15歳でジャニーズ事務所入りし、デビュー前にジャニー喜多川さんから自宅にかかってきた電話のかみ合わないやりとりに、おぎやはぎも大笑い。そんなジャニーさんからは、バンドとしてのTOKIO結成を任されたといい、日々大量に届く履歴書から、メンバーたちを発掘していった、貴重な結成前夜のエピソードも明かす。こちらのトークも必見だ。

 特番ということで、スペシャルな企画もあり、これまで多くの重機免許を取得した城島を喜ばせる機械も登場。さらに、最後には予想だにしない夢の車も!? 果たして城島の反応はいかに?

 「過去に、おぎやはぎのお二人にTOKIOの番組に来てもらい、ロケをしたことはありました。今回はコラボ企画という形で、しかも、ゲストとして僕がおじゃまするという初めてのケースだったので『どうなるのかな!?』と期待していました」と明かす城島は、「今日の収録では、まさかあの車が出てくるの!? これを探し出してくるのか!?という驚きがあり、一つのものを深掘りするBSならではの姿勢を感じました。人のこだわりに丁寧にスポットライトを当てて伝えるものづくりのすごさが『愛車遍歴』にはあり、こだわりとセンスに敏感なおぎやはぎのお二人だから成立していると思いました」と番組の魅力を語りつつ、見どころに触れた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.