News ニュース

TOKIOだからこそできた新たな挑戦。株式会社設立への思いが明らかに2021/11/17

 フジテレビで11月26日放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(深夜1:05、関東ローカル)では、今年4月に設立された、「株式会社TOKIO」を特集する。

 TOKIOは1994年、当時のアイドルとしては珍しいロックバンドスタイルでCDデビュー。26年以上続くレギュラー番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)では、人が住まなくなった古民家を修築し、その周りの土地を耕し農作業に励む村づくりや、無人島の開拓などに体当たりで挑んできた。その姿は、子どもから大人まで幅広い層に親しまれ愛されている。

 デビューから今年で27年。彼らが新たなステージとして選んだのが、株式会社の設立だった。社長を城島茂、副社長兼企画担当を国分太一、副社長兼広報担当を松岡昌宏が務め、掲げた事業コンセプトは「なんでもつくろう!」。城島は「手作りは、温もりだったり、その思い、生きた証だったり。どういうものを残せるのかな、どういうものをつくれるかなという期待感がありますね」と意欲的だ。

 そんな彼らは今年3月、福島県の山中にいた。会社始動にあたりまず行なったのは、木製の名刺を制作すること。そこで素材となる杉の木を自分たちで伐採。加工も自らの手で行い、厚さ1cmほどの名刺をつくり上げた。

 そこに刻まれた会社のロゴは国分のデザイン。国分は「自分たちの手を動かしているっていうことで、自信になっている部分もあると思うんですよね。達成感と誇りと。僕ららしさ、オリジナリティーみたいなのが、評価されていくのかな」と語る。また、松岡も「自分で作ったものであれば文句の言いようもあるんですけど、そこを人に任すと文句を言えないじゃないですか。そこに責任というのがかかってくると思うので。それは自分たちに課した方がいいだろう」と強い覚悟を明かす。

 そして、迎えた4月1日。彼らはバンド名だった「TOKIO」を会社名に掲げ活動するという、全く新しい道を進み始めた。城島は「50歳で株式会社っていう新たなアプローチができることに対してのワクワク感っていうか。確かに会社ってつくったことないなって。『TOKIO』にしかできない開拓の道を、新たな道を作るべきだ」と思いを口にした。番組では、自ら汗をかき、手を動かし、思いを重ねる3人の、奮闘の9カ月を追う。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.