News ニュース

渡邊圭祐、松本妃代、馬場ふみかが「やんごとなき一族」に出演決定2022/03/03

 渡邊圭祐、松本妃代、馬場ふみかが、フジテレビ系で4月14日にスタートする連続ドラマ「やんごとなき一族」(木曜午後10:00)に出演することが分かった。

 ドラマの原作は、「Kiss」(講談社)で連載中のこやまゆかり氏の同名コミック。庶民の家庭から上流社会の一家に嫁ぐことになった主人公・篠原佐都(土屋太鳳)が、理不尽な家のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)されながらも、夫・深山健太(松下洸平)と共に真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”。

 渡邊が演じるのは、深山家の三男・深山大介。佐都の義弟にあたり、当主である父・圭一に与えられた美容クリニックのオーナーとして働いている。妻のリツコ(松本)と共に一流の品々に囲まれるきらびやかな生活を送っており、一見誰もが憧れるような、仲むつまじい理想の夫婦だと思われている。しかし、実際は圭一が深山家の利益のために強引に進めた政略結婚であり、その夫婦仲は冷え切っている。大介の奔放で楽天家な性格が招いたある行動が、リツコの大きな悩みの種となっていく。

 渡邊は「大介はやんちゃで、一族の中では少し毛色が違うキャラクターでもあります。初めは“何も考えていない自由人”に見えるよう演じつつ、ストーリーが進むごとに大介の胸の内を表現できたらいいなと思います」と意気込み、「普通の人なら逃げてしまうような環境に佐都が突き進んでいく、見ていてスカッとするような爽快感のあるストーリーになっています。非日常的な話でありながら、皆さんに共感していただけるところも多々あると思いますので、ぜひ楽しんでいただきたいです」とアピール。

 一方、松本扮(ふん)する大介の妻であり、佐都の義妹にあたるリツコは、日本一のホテルチェーン「ザラスホテルグループ」の一人娘であり、日頃から派手な生活をしている。政略結婚した大介のことで大きな悩みを抱えながらも、その心中には秘めた思いがあるようだ。互いに支え合う佐都と健太の姿を見て、徐々に心を揺り動かされていく。

 松本は「今回オファーをいただき、原作を読ませていただいた際に、私の生まれ育った芦屋を舞台とした物語だと知り、とてもうれしく、またご縁を感じています」と喜び、演じるリツコについては「強気で明るく派手に見える半面、繊細で愛情深い。政略結婚でありながらも、愛のある夫婦の形を求めていて、佐都さんに対しては一種の憧れのような気持ちもあるように思いました。何不自由なく悠々と生活をしているように見える上流階級の人々にも、それぞれにいろいろな事情や葛藤がある中で生きている、その生きざまを大切に丁寧に、そしてこの華やかな世界観を大胆に思いっきり演じたいと思います」と意気込んでいる。

 そして、馬場は、深山家の末っ子で佐都の義妹にあたる大学生・深山有沙役を務める。深山家のきょうだいの中では唯一の独身。天真らんまんさゆえに歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで、慕っていた兄・健太と結婚した庶民出身の佐都のことを“深山の恥”ということも。末娘ならではのわがままで2人を困らせることもしばしば。家族の在り方を変えようと奮闘する佐都たちのことを冷めた様子で見つつも、深山家の時代錯誤ともいえるしきたりの数々にうんざりもしている。表向きには圭一に従っているが、家族には言えないある秘密を抱えている。

 馬場は「オファーを聞いて、お金持ちの名家で育ってきた女の子という役が自分に来たことにびっくりしました(笑)。すごく楽しみですし、先輩方がたくさんいらっしゃる現場なのでドキドキ、ワクワクしています。一族が全員集合した時の空気はすごく緊張感があると思います!」と話し、役どころについては「有沙は素直な性格で、思ったことをズバズバと言うタイプなので、それが嫌みっぽく聞こえないように、品良く演じていきたいです。私にとってすごく楽しみな作品ですし、皆さんにも一緒に楽しんでもらえたらうれしいです。次々に“やんごとない”出来事が繰り広げられていくと思いますので、お楽しみに!」と呼び掛けている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.