News ニュース

井ノ原快彦主演「特捜9」season5が始動! Snow Man・向井康二が新加入2022/03/03

 テレビ朝日系では4月6日から、井ノ原快彦主演の連続ドラマ「特捜9 season5」(水曜午後9:00)がスタート。個性派刑事たちの奮闘を描く超人気シリーズが新たなメンバーを加え、さらにパワーアップして帰ってくる。

 本シリーズは2018年4月にスタート。難事件に挑む刑事たちの活躍のほか、その背景にあるそれぞれの人生模様を縦軸とした骨太なドラマとして、毎回関連ワードがSNSランキング上位を記録するなど、多くの支持を集めてきた。

 今シーズンでも、リーダーの浅輪直樹(井ノ原)を中心とした個性が強いおなじみの警視庁捜査一課特別捜査班のメンバーが、時には衝突しながらも難事件に対して全力で捜査に当たっていく。さらに、新藤亮(山田裕貴)のエピソードが徐々に明かされていき、浅輪との関係性に変化が生じていくほか、前シーズンで結婚した小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)の新生活の様子なども描かれ、縦軸の部分もさらに深みを増していく。

 さらに、今シーズンからは、新メンバーとして、Snow manの向井康二が加入。向井が演じるのは、村瀬が副所長となる警視庁内新部署・捜査支援分析センター(SSBC)に所属し、特捜班の捜査をサポートする刑事・三ツ矢翔平だ。三ツ矢は明るく天然で、思ったことをつい口に出してしまい、周りの空気を一変させることもあるが、なぜか憎めない人間味あふれる性格の持ち主。また、浅輪に憧れを抱いており、2人のやりとりも、今作の新たな見どころとなっている。

 井ノ原は新メンバーの加入に、「三ツ矢役の向井は後輩ですが、今作でどんな絡みが生まれるのか楽しみですね。彼は癖のある独特な動きなど、個性がありますので、(青柳靖役の)吹越(満)さんはじめ、なかなか一筋縄ではいかないキャストがそろったドラマですが(笑)…お芝居でも物おじせずにどんどん自分を出していってほしいです」とエールを送る。

 加えて、「例えば学校に転校生がやってくると、そのクラスの関係性も微妙に変わっていくことってあるじゃないですか。今回も、ひょっとしたら三ツ矢は直属の上司にあたる村瀬と志保の家に遊びに行っているのかもしれない、とか、役柄のプライベートな背景まで考えると、きっとこちらのお芝居も変わってくると思うんです。そのあたりにもぜひ注目して見てほしいですね。キャストはもちろん、スタッフもどんどん若返っています。新しい『特捜9』の勢いを感じてもらえたら幸いです!」と力強くアピール。

 羽田も「新メンバーの向井くんも20代ですし…キャストの平均年齢が下がるのは大歓迎です(笑)。彼が演じる三ツ矢は、村瀬と志保の後輩ですので、何か2人の子どもみたいな存在で。劇中でもそのような感覚で接しようかなと考えています。そんな向井くんですが、初めての撮影現場で、吹越さんにいきなりアドリブを言わされていて(笑)。4年前に山田(裕貴)くんが来た時に、アドリブを急に吹越さんに振られ、見事にやってのけたことを思い出しました。向井くんが周囲の変化球なお芝居に対応している姿がかわいかったし、頼もしかったですね」と報告し、「山田くんの時は、井ノ原さんがフォローするお兄さんに見えましたが、今回は山田くんがお兄さんに見えたんです。時代の流れを感じるとともに、そういったキャストたちの成長や移り変わりがドラマ本編にもどう反映されていくのかが、今から楽しみですね」と新風に期待を寄せる。

 そんな向井は「最初、この歴史ある『特捜9』に出演させていただくことになったとマネジャーさんから聞かされた時は、正直驚きました。僕はバラエティー番組にはよく出演させていただいているのですが、その際も『俺はドラマ班やで!』なんて、ボケていたんです。しかし本当は、演技やドラマにはもっとチャレンジしたかったので、しかもそれが『特捜9』でかない、うれしかったです」と出演を喜び、「事務所の大先輩である井ノ原さんは、優しくしていただいています。そして羽田さんはじめ、キャストの皆さんもすごく気を使ってくださり、飛び交うアドリブ芝居にテンパり気味になった時も、すっと輪の中に入れてくださりフォローしていただいています」と先輩への感謝の気持ちを述べる。

 続けて、「アドリブへの対応はもっと頑張らないといけないと思っていますし、本当に『この作品は現場で“生”で作られているんだな』と実感しています。アドリブ芝居の際に、少し関西のなまりが出てしまうのが玉にきずですが(笑)、井ノ原さんからは『それを生かして、関西出身なの?っていうやりとりが、ドラマのなかで出てきても面白いかもしれない。実は彼女が関西出身で…とか』とアイデアをいただきました」と、長年続く人気シリーズならではのやりとりにも意欲十分だ。 

 警察官が自らの銃を奪われ、後頭部を撃たれ死亡するという痛ましい事件が発生。現場には、長さ10cmほどの針金をコーティングし、先端が加工されたクリーニングハンガーが残されていた。これを空き巣に使うピッキングツールと踏んだ国木田誠二班長(中村梅雀)や直樹ら特捜班は捜査を開始。同様の手口で逮捕歴のある男の身柄を確保するも、2件目の殺人が起きる。そんな中、事件現場であるレストランに志保らが出向く。殺害されたのは同店のシェフで、青柳と矢沢英明(田口浩正)は、現在、行方をくらませている従業員をよくしかりつけていたとの情報と、マスク姿の男が現場付近をうろついていたとの目撃談を得る。やがて、従業員を拘束。捜査本部は日常と化していたシェフからのパワハラに耐えかねての怨恨と見ていたが、なんと、第3の事件が発生する――。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.