News ニュース

山田涼介のサプライズに芳根京子がキュン! 25歳誕生日に25本のバラがプレゼント2022/03/01

 Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、芳根京子が共演する4月スタートの連続ドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(土曜午後11:30、開始日未定)。本作が始動し、ポスター撮影が行われた。さらに、芳根が2月28日に25歳の誕生日を迎え、山田がサプライズで祝福した。

 ドラマは、かわいいことを武器に生きてきた“あざかわ男子”丸谷康介(山田)と、26年間恋愛経験ゼロの“ロボット女”真田和泉(芳根)という、キュンが難しい不器用な大人2人の遅すぎる初恋を描く。ビールメーカーで営業職に就いている康介は、整ったかわいらしい顔立ちと人懐こい性格で幼い頃から人気者で、仕事も恋も求められまくりの受け身人生を謳歌(おうか)してきた。しかし、30歳を目前にある衝撃的な出来事に遭遇し、自分の“かわいい”が永遠には続かないことに気付いてしまう。これまでスマイル一つでうまくいっていたことがどんどんうまくいかなくなり、人生が下降線に!? そんな受け身の人生と別れを告げることで、本当の意味での“初めての恋”をすることになる。

 1ショットの撮影をすると聞いて現場に現れた芳根は、そこに山田がいることに気付いてキョトンとする。「芳根ちゃん!」と呼び掛けられるも、まだ状況がつかめない中、山田が「お誕生日おめでとうございます!」と言いながら、バラ25本で作られた大きな花束を手渡すとようやく状況をのみ込んだ様子。「すごい! ありがとうございます!」と大喜びしつつ、「びっくりしました。何か怒られるのかと思いました(笑)」と笑顔を見せた。

 また、山田から25歳の抱負を聞かれると「20代後半に突入するので、甘えずに生きていこうと思います。そして、今まで見せられなかった表情をお見せできたらいいな」とにっこり。さらに、山田から「24歳半ばでゲラ(笑い上戸)になったと聞いたけど、大丈夫ですか?  映画で共演させてもらった時はそんなにゲラなイメージはなかったけど、俺の顔を見て笑わないように…って、もう笑っちゃってるじゃん!(笑)」と早速ツッコまれ、「気を付けます(笑)。笑ってNGを出さないように、25歳になって一発目の作品なので精いっぱい頑張ります」とクランクインを前に決意を新たにした。

 このうれしいサプライズに、芳根は「25本のバラの花束にキュンとしました。年齢の数のお花をいただくのも初めてなので、本当にうれしいです。このことは絶対忘れません! 25歳になって、新たに始まる1年の一発目の現場なので『精いっぱい頑張ろう!』と、より一層気合が入りますね。ついに20代後半に突入して、“女の子”というより“女性”といえる年齢になりましたので、甘えずに生きていこうと思います。そして、今まで見せられなかった表情をお見せできたらいいな、と今日あらめて思いました」と気を引き締めた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.