News ニュース

SixTONESのツアー幕開け・横浜公演に密着――「 RIDE ON TIME」最終話2022/02/25

 フジテレビで本日2月25日放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(深夜0:55、関東ローカル)は、「SixTONES ~2年目の本音~」をテーマにオンエアされてきたSixTONES(ジェシー、京本大我、松村北斗、髙地優吾、森本慎太郎、田中樹)の特集・最終話。「Episode4 Six」と題しておくる(FODプレミアムでは、放送直後から独占配信中)。 

 今年1月5日に発売された、SixTONESの2ndアルバム「CITY」は初週47万枚を売り上げ、初登場1位を記録した。そんな話題のニューアルバムを引っ提げて、今年全国9都市で開催中のライブツアー「Feel da CITY」。その幕開けを飾った横浜アリーナ公演に、番組が密着した。

 ライブ初日のおよそ1カ月前。稽古場では、本番に向け最終リハーサルが行われていた。およそ2時間、オープニングから最後の曲まで初めて通しでパフォーマンスしたメンバーは、スタッフから実際に通した感想を聞かれるは「ちょっとぬるいっすね」「締まりがないかな」と思い思いに口にする。

 グループ最年少の森本慎太郎は「全体を通して、SixTONESのライブに来たな感をあんまり感じなかった」と手応えをつかめていない様子で、率直な言葉を口にした。この時点では体力面を考慮したライブ構成案だったが、「それではSixTONESらしい勢いが足りない」という、ほかのメンバーも抱いた同じ気持ちだった。

 話し合いの末に、曲順を変更。激しい曲で畳みかける攻めの構成で勝負することとなった。体力面への配慮を捨ててでも、求めるのは“SixTONESらしいライブ”。その思いの根源は、グループの成り立ちに深く関わるものだった。

 SixTONESは、メンバー全員がジャニーズJr.歴10年を超える。2015年のグループ結成以来、絶大な人気を誇り、長年デビューをささやかれながらも、その夢はなかなかかなわなかった。そんな先が見えない6人にとって、ライブはファンの反応を知る唯一の場所だったのだ。

 そんな背景から生まれたのが、観客と一体となりライブを全力で楽しむということ。ダイナミックなパフォーマンスと全身から余すことなく発せられる熱量は、やがて会場全体を熱狂の渦へと巻き込んでいく。それが、SixTONESのライブスタイルなのだ。念願のCDデビューを果たした今でも、その姿勢が変わることはない。ジェシーは「やっぱり俺たちはライブが好きなんで。デビューできなくてもライブができていたらいいか、って会話したこともある」と語る。

 そんなSixTONESのライブツアーが、いよいよ幕を開けた――。彼らを音楽へと突き動かす原動力、そしてライブに懸ける思いが明かされる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.