News ニュース

「星野源のおんがくこうろん」でアリー・ウィリスを特集! アル・マッケイが「September」の創作秘話を語る2022/02/23

 星野源がホストを務める、NHK Eテレの音楽教養番組「星野源のおんがくこうろん」(金曜午後10:30)の2月25日放送・第3回は、アリー・ウィリスを特集する。

 同番組は、自身もさまざまな音楽に影響を受けながら、音楽家として作詞・作曲・編曲・プロデュースと、すべての役割を務めて独自の音楽を作り上げてきた星野が、音楽を解説することが大好きなパペットの“かいせついん”の、ヨシかいせついん(高橋芳朗)、トシかいせついん(大和田俊之)たちと毎回1人の「歴史を変えた」音楽家にスポットを当て、楽しく音楽を学んでいく。

 「September」や「Boogie Wonderland」など、アース・ウインド&ファイアーと数々のヒット曲を共作したことで知られるアメリカ・デトロイト出身のソング・ライターのウィリス。ペット・ショップ・ボーイズの「What Have I Done To Deserve This?」や、ポインター・シスターズの「Neutron Dance」などのヒット曲の作詞や作曲も共同で手掛け、彼女の楽曲は全世界で6000万枚以上を売り上げている。

 ブロードウェイ・ミュージカル「カラーパープル」や人気ドラマ「フレンズ」などの楽曲制作にも参加し、ミュージカルや映像作品でも大きな功績を残したウィリスは、2018年に「ソングライターの殿堂」入りも果たした。

 番組では、楽器が弾けなかったという彼女が、どんな人生を歩み、どのようにヒット曲の制作に携わってきたのか、VTRや紙芝居で紹介。そして彼女が携わってきたヒット曲を聴きながら、その言葉やメロディーが持つ魅力を楽しく解説していく。

 さらに、アース・ウインド&ファイアーの元メンバー、アル・マッケイの独占インタビューも。ウィリスが作詞で参加した「September」の創作秘話などを語る。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.