News ニュース

「アクターズ・ショート・フィルム2」の監督が集結。前田敦子の演出はサディスティック!?2022/02/03

 WOWOWで2月6日に放送・配信される「アクターズ・ショート・フィルム2」(午後5:00)の完成報告会が開かれ、監督を務めた青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子が登壇した。

 今回、WOWOWが開局30周年を記念して行ったプロジェクト「アクターズ・ショート・フィルム」の第2弾では、前田のほか、青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太の俳優5人が、25分以内のショートフィルムで監督を務める。そして、世界から6000本超のショートフィルムが集まる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)」のグランプリ、“ジョージ・ルーカス アワード”を目指す。

 村上虹郎主演の「いくえにも。」を手掛けた青柳は「演出する上では代官山のTSUTAYAで購入した『監督のルールブック』を読み込みました」と告白し、「たくさんの方々に見てほしい」と呼び掛けた。

 琉花&奥平大兼主演の「物語」を手掛けた玉城は「モデル業など表に出る仕事をテーマにしたので、私のことをリンクさせて見る方もいるのではないかと思います」としつつ、「自分の表現の幅が広がった」と貴重な体験を明かした。

 「あんた」で監督・脚本・主演の3役を務めた千葉は「ご一緒した伊藤沙莉さんに代わりにカットをかけていただくとか、周りの方々に助けられながら」とキャスト・スタッフの協力に感謝。撮影については「すべてが印象に残るものばかり。いつか脚本を書きたいと思っていたので、執筆段階には生みの苦しみもあったけれど、楽しかった。いる部署によって自分で書いた脚本のはずなのに『これ違うかも』と感覚が変わったりして。美術打ち合わせは勉強になりました。今後は普段からも参加したいと思いました」と振り返り、「エンドロールまで自由に見てもらえたら」と期待を寄せた。

 役所広司主演の「ありがとう」を手掛けた永山は「役所広司さんがだめならば降りてもいいと思った」と念願のキャスティングに思いもひとしおで、「僕から直接オファーをして主演を引き受けていただきました」と述べ、「あらためてスタッフの方々とモノ作りをしているという実感を得ることができた。作品からたくさんのことを感じてもらえたら」と心境を語った。

 柳英里紗&三浦貴大主演の「理解される体力」でメガホンをとた前田は、膨大なセリフ量について「一語一句覚えてと2人には伝えたので、相当大変だったろうなと。朝から晩までみっちりと撮影。すごいセリフ量だったので2人には感謝です。でもそれを楽しみながら撮影に挑んでくれた姿を見られたのがうれしかった」と主演2人に信頼を寄せていた。

 そんな前田の演出について、永山から「サディスティックな監督」と指摘されると、「とことんやるのは面白かった。『もうちょっと…』と粘ってたっぷりと時間をかけて撮るというぜいたくをさせていただきました」と妥協しない演出を心がけた様子で、「新しい体験をさせていただき、周囲に対する感謝をあらためて感じることができました」と喜びとともに、感謝の念を口にした。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.