News ニュース

黒柳徹子、米倉涼子が森光子さんとの思い出を語る! 加藤茶&太田光の「森光子と笑い」特別対談も2022/01/26

 3月6日放送のBSフジ開局20周年記念番組「私しか知らない森光⼦〜豪華スター涙と笑いの初告⽩〜」(午後7:00)では、黒柳徹子、ザ・ドリフターズ・加藤茶、爆笑問題・太田光、米倉涼子が女優・森光子さんの思い出と魅力を語る。

 代名詞ともいえる舞台「放浪記」は上演回数2017回を記録。女優として初の国民栄誉賞を受賞するなど、日本中から愛され、92歳で亡くなるまで第一線で輝き続けた森光子さん。番組では大切に保存されていた森さんの愛用品をお借りし、舞台楽屋を完全再現。森さんが生前、舞台開演前に出演者を招いていた「お茶会」を思い出すようなセットで、「私と森光子さん」という大切な思い出を豪華出演者が語る。

 NHKのドラマで森さんが演じた主⼈公の若い頃を演じた⽶倉。ドラマ収録当時、森さんへ向けた1通の⼿紙から親交が始まったという。森さんが⼤切に保管していたその⼿紙を⽶倉の許可を得て初公開。さらに、今も大事な時にはお守りのように身に着けているという「森さんからいただいたジュエリー」も思い出とともに紹介する。ご近所同⼠だったという森さんと⽶倉は、森さんの「放浪記」降板直後から亡くなるまでの間も⾃宅に通い交流を続けてきた。米倉が当時を思い出し「森光⼦さんが⽣涯⼥優を貫いた、ある出来事」を涙ながらに語る。

 米倉は「私が森さんのどこまでを知っているのか、私⾃⾝も分かっていなくて、取材を受けるといつも恐縮しちゃうんです。森さんがどんなにお仕事でつらい思いをしてきて、どれだけの苦労を重ねてここまでの地位を築いてきたのかっていうことも、全然たぶん分かってないと思うんですよね。ただ最後の最後まで森さんと⼀緒に楽しく過ごせたとか、特別な時間を刻めたっていうのは、すごくありがたいことだと思います」と話している。

 また、約50年来の親友という黒柳徹⼦は、若かりし⽇の2⼈の思い出、そして森さんが「放浪記」を降板してからの⽇々を語る。「放浪記」会見ででんぐり返しについての質問が⾶ぶ中で、黒柳が発した⾔葉には2⼈の深い友情が関係していた。あらためて会⾒映像を⾒た黒柳が「どうしてパンダに話がいくのかしら?」と⾸を傾げた、その一言とは。さらに黒柳は森さんとやりとりをしていた直筆FAXを公開。笑いの絶えないインタビューで、黒柳が唯⼀涙した「森さんとの思い出の⼀品」がスタジオに登場する。

 黒柳は「やっぱり、森さんに会いたい。今、⼀番思うのは、森さんに会いたいってことですね。森さんがいなくなってからのいろんなことをお話ししたり、現在の劇場のことをお話ししたり、そういうことができたらいいのにって…思います」としのんでいる。

 舞台⼥優としてだけではなく、「時間ですよ」をはじめとするテレビドラマや、「3時のあなた」でワイドショーの司会を務めるなど、テレビスターとしても第⼀線で活躍した森さん。そんな森さんを語る上で⽋かせないのが「笑い」。「放浪記」に抜てきされる前は⼤阪で喜劇⼥優として活躍していた森さんは、その笑いの才能をバラエティー番組でもいかんなく発揮した。

 そこで、森さんと数多くのコント共演をしたザ・ドリフターズの加藤と、森が⽣前⼤ファンだったという爆笑問題の太⽥が特別対談。「森光⼦さんの笑いに対するセンスとすごさ」を当時の爆笑コント映像とともに徹底分析しながら、お笑い界のトップ同⼠が「お笑い論」を語る。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.