News ニュース

黒柳徹子&太田光が没後40年特別企画「向田邦子に“恋”して」で対談2021/10/07

 BS-TBSとBS-TBS 4Kでは11月13日に、没後40年特別企画「向田邦子に“恋”して」(午後7:00)を放送。黒柳徹子と爆笑問題の太田光のロング対談を軸に、TBSで放送された向田邦子さんによる名作ドラマの名シーンや、向田ファンの著名人のインタビューなどで構成し、「向田邦子が愛され続ける理由」「今も色あせぬ向田邦子の魅力」に迫る。

 向田さんは、1929(昭和4)年に東京で生まれ、映画雑誌の編集者を経て、ラジオの構成作家、テレビ脚本家として活躍。代表作「寺内貫太郎一家」「時間ですよ」「阿修羅のごとく」をはじめ、手掛けたドラマは1000本にものぼる。エッセーや小説の執筆でも才能を示し、80年には「小説新潮」に連載中の「思い出トランプ」の「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で第83回直木賞を受賞。ますますの活躍が期待されていたなか、81年8月22日、台湾での飛行機事故で、51歳で帰らぬ人となった。

 プライベートで向田さんと親交があった黒柳は、向田さんとのエピソードの数々を披露。向田さんの家に入りびたり手料理をいただいていたことや、黒柳が出演したTBSのラジオドラマのセリフ「禍福は糾える縄の如し」の意味を向田さんに聞いた時のこと、向田家の留守番電話に黒柳が連続9回メッセージを残した話など、2人の親交の深さがうかがい知れる話が続々と登場する。また、番組冒頭では、向田さんが生前着用していた洋服がスタジオ内に並べられているのを目にした黒柳が涙ぐむ場面も。

 一方、向田さんを敬愛し、「向田邦子の陽射し」という著書もある太田は、自分がコメディアンになりたいと思ったきっかけはTBS系のドラマ「時間ですよ」の堺正章だったと明かす。加えて「向田邦子さんのすごさは『説明ゼリフのない脚本』。自分はすべてを言葉で説明してしまうけれど、話せば話すほど向田邦子さんが遠くなる気がする」と述べる。

 さらに、女優の美村里江、酒井若菜、小説家の小川糸氏がVTR出演し、向田さんへの思いを語る。また、黒柳がエピソードを語ったラジオドラマの音源をTBS放送センター総合資料室から発掘。思い出の作品の音源を聞いた黒柳の反応は?

 番組を手掛けた同局の笠原啓プロデューサーは「『寺内貫太郎一家』(TBS系)を子どもの頃に見て、ハマっていた身としては、向田邦子さんという比類なき作家の魅力の一端でも、この番組で伝えられたら何よりです。黒柳さんと太田さんのトークがとにかく秀逸! 特に、向田作品にまつわる黒柳さんの意外な一言に、心打たれました」と熱い思いを口にしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.