Feature 特集

実力派俳優と共にバーチャルでよみがえる!!「森光子生誕100年 ~放浪記 永遠のメッセージ~」2020/08/28

 NHK BSプレミアムでは、8月28日に「森光子生誕100年 ~放浪記 永遠のメッセージ~」を放送。生前の森さんと親交が深かった豪華俳優陣が森さんとの思い出を語るほか、実力派俳優たちが映像を介して森さんと“競演”し、「放浪記」の舞台に立ちます。

 世界がコロナ禍で苦境を強いられている中、日本中も緊急事態として自粛が続きます。演劇の文化は壊滅的な打撃を受けています。「平和でないと、スポーツも芝居もできない。平和こそ一番大事」と常々語っていたのは、8年前に92歳で他界した森さん。代表作「放浪記」は、日本が貧困にあえいでいた時代に作家を目指した林芙美子の自伝的作品。「放浪記が始まったのは東京オリンピックの3年前なんです」と森さんは言いながら、50年にわたり演じ続け、公演回数2017回という単独俳優の最多公演記録を打ち立てました。貧しさを乗り越えて頑張る姿は人々の共感を呼び、観客を励ました。

 番組は、50年にわたり日本人に勇気を与え続けた「放浪記」が今の俳優たちに残した遺産をドキュメントする第一夜と、2000回の公演人の舞台の完全版を第二夜に放送。苦境に立たされている日本人を、演劇の力によって力づけます。

 第三幕で芙美子の初恋の男・香取恭助役を演じた岡本健一さんは、オファーを受けた時、「7月半ばに、ありがたいことに菊田一夫演劇賞をいただいたのですが、その後すぐに今回のお話をいただきました。菊田一夫演劇賞をいただいた時、最初に頭に浮かんだのは森光子さんのことでした。30年以上前からずっと過ごさせていただいたのですが、よく菊田先生の言葉や『菊田先生がいるから今の自分がいる』というお話を伺っていました。受賞を森さんに報告したいと思っていた矢先のお話だったので、心が震えました」と感激した様子。

 森さんへの思いについては「森さんはテレビなどあらゆるジャンルでご活躍なさっていましたけれど、自分として舞台の森さんの姿を本当に尊敬していましたので、それを今回このような形でもう1回見られる、森さんを特集していただけるというのは、今生きる私たちにとっても力になると思うし、素晴らしい企画だなと思います。自分より下の世代には森光子さんの舞台を体験した人がどんどん少なくなってくる。そういう人たちに、自分が尊敬し影響を受けた森さんのお芝居や、ずっとライフワークにしていた『放浪記』を伝えていかなければいけないと思っています」と語ってくれました。

 第二幕・第四幕で芙美子の妹分・悠起を演じた上白石萌音さんは「収録の数日前に台本をいただいてから、ずっと脳内が『放浪記』一色でした。(過去の映像と合わせるため)どういうふうに撮影するかイメージできずにいたのですが、想像以上に臨場感があって驚きました。池田昌子さん(森さんの付き人を長らくつとめ、『放浪記』に出演していた女優。上白石さんの収録で森さんの代役を務めた)が入ってくださったのももちろんですし、森さんの生の声が、録音ではあってもこの場に響き、時を超えてお会いできたような気持ちになりました。実際の小道具や衣装を使って芝居をさせていただけたこともあり、夢のようでした。たくさん勉強させていただいて光栄に思います」と撮影中のエピソードなどを明かしてくれました。

 森さんと親交の深かった黒柳徹子さんや東山紀之さんなどの証言で、放浪記2000回へのこだわりと知られざる森さんの最後の日々を明らかにするほか、劇場中継の映像を利用し、森さんと「放浪記」での共演がかなわなかった2人の俳優が、森さんとのバーチャル共演に挑むなど豪華な内容になっております。「森光子生誕100年 ~放浪記 永遠のメッセージ~」をぜひご覧ください。

【番組情報】

「森光子生誕100年 ~放浪記 永遠のメッセージ~
NHK BSプレミアム 
8月28日 午後10:00~11:00

NHK担当 S・A

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.