News ニュース

市川実日子、「カムカムエヴリバディ」でヒロインのライバルを好演。「自分が今いる現在は、過去としっかりとつながっているのだと感じる」2022/01/13

 NHK総合ほかで放送中の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜午前8:00ほか)。謎の男・大月錠一郎、通称・ジョー(オダギリジョー)にほれ込む女子大生・ベリーを演じる市川実日子が、役柄や共演者についての思いを語った。

 上白石萌音、深津絵里、川栄李奈が主演を務める同作は、“朝ドラ”史上初となる3人のヒロインが登場し、昭和・平成・令和の時代に、ラジオ英語講座とともに歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描くファミリーストーリー。現在は、2代目ヒロイン・るい(深津)の大阪編がオンエア中だ。岡山を出て、大阪で暮らし始めたるいは、個性豊かな温かい人々と出会いながら成長していく。

 市川が扮(ふん)するベリーは、距離が近づくジョーとるいの関係にやきもきし、るいに対して敵対心むき出しで迫る役どころだ。

 本作への出演が決定し「うれしかった」と率直に述べる市川は、「深津さん、オダギリさん、お二人が出演される”朝ドラ”は、どんなものになるんだろうとワクワクしました。深津さんはお会いするのも初めてで、オダギリさんとは以前、大河ドラマに出演した時に、同じシーンはないけれど、ごあいさつだけしたことがありました。今回ご一緒できるのが楽しみでした」と2人との共演を喜び、「大阪のNHKに行くのも初めてで、初めてづくしです。高校生の時、“朝ドラ”が好きで放送を見てから学校へ行っていたんです。だから毎日遅刻していました(笑)」とほほ笑ましいエピソードを明かす。

 「勢いがある印象」と語る自身の役柄については、「るいさんも、ジョーさんも、静かな印象で。静かな方々の中、ポンと動いているような人。発言に裏表もないし、自分の思ったことと行動が一直線につながっています。台本を読んでいるとバシバシとものを言う印象を受けましたが、京都言葉特有のものなのか、実際には直接言っている感じがしないというか…。ちょっとかわしている感じもしています。相手に言っているようで、実は言ってないというか。圧は強いんだけど、繊細でもあるんです」と紹介。

 ベリーが思いを寄せるジョーに関しては「最初は、ベリーがジョーにどういう思いでいるのかちょっと考えました。ファンなのかな? それとも、恋心なのかな?と。紙一重ですよね、そういう思いって。でも、今は熱烈なファンなんだろうなと思っています。ファンであることを、自分では恋だと思っているのかなと。ジョーはジャッジしないというか、線を引いてない感じがする人ですよね。いい悪いで判断していないような。自分のトランペットのことに関しては情熱を持って真剣にやっているけれど、そのほかのことに対しては穏やかで。何にもなびかないような、打っても全然響かないような、ベリーはそういうところにも興味を持っている気がします」と分析する。

 また、演奏シーンが印象的だそうで、「台本を読んで想像していた音が、いざ目の前に。それはやっぱりすごかった! るいさんが(ジャズ喫茶の)『Night and Day』に初めて来たシーンだったかな? 生の音で聴かせてもらえました。最近は、現実の世界でもコンサートへなかなか行けない状況です。久しぶりの生の音に感動しました」と笑顔を見せる。

 そして、視聴者に向けて「『カムカムエヴリバディ』は、音との出会いや人と人とのつながりが描かれている物語です。温かい気持ちになる人々の交流があって、それが何代もつながっていきます。普段、当たり前に自分のいる場所から世界を見ているけれど、大正や昭和には私たちのご先祖さまがいて、みんなにも若い時がある。自分が今いる現在は、過去としっかりとつながっているのだとあらためて感じました。こうして半年間、“朝ドラ”でそのつながりを見られるのは、すごくよいことなんじゃないかなと思いました。金子(隆博)さんの音楽も、楽しみです。視聴者の方にも楽しみにしていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.