News ニュース

波瑠、数年間つき続けている“愛しい嘘”を告白2022/01/12

 テレビ朝日系で1月14日にスタートする連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」(金曜午後11:15)の制作発表記者会見が行われ、主演の波瑠ほか、共演の林遣都、溝端淳平、本仮屋ユイカ、黒川智花、新川優愛が登壇した。

 ドラマは、漫画家・愛本みずほ氏の「愛しい噓 優しい闇」が原作。中学卒業から14年経ったある日、不意に開催された同窓会をきっかけに、出席した仲良し6人組のメンバーが次々と亡くなる事件が発生する。とめどないうその上塗りと、ヒリヒリとした愛憎劇が入り乱れる予測不可能な展開に。ドラマ版では、オリジナルのストーリーも用意されており、原作とはまた一味違う衝撃の物語を紡ぎながら、視聴者をどこまでも翻弄(ほんろう)する。

 波瑠は、作品の印象や演技について「今まであまりやってこなかったタイプのドラマなんです。サスペンスと恋、どっちの要素もあるので、すごく新鮮に感じる部分も多いんですけど、やっぱり難しさもあって…。登場人物それぞれに裏がある中、(演じる主人公・今井)望緒はそれに気付くのか、気付くことができないのか…。そういった駆け引きの一つ一つが意味をもってくると思うので、結構慎重にやらないとなぁ…という緊張感があります」とやりがいとともに、苦労をにじませた。また、同窓会を主催する雨宮秀一役の林は「脚本上、僕たちしか知らない展開もあり、まだどうなっていくか分からない部分もあるので、非常にワクワクしながら演じています」と充実の表情を見せた。

 現場の雰囲気に関して、波瑠は「私たち自身は最初の撮影では『初めまして、よろしくお願いします』という状況ですけど、物語のキャラクターには14年前の記憶があるんですよね。そういう中で、本仮屋さんがみんなをまとめるような雰囲気作りをしてくださって、とてもありがたいです」とコメント。当の本仮屋も「同窓会のシーンは楽しく撮影させていただきました、主演の波瑠さんがすごくリラックスし、自然体で現場の真ん中にいてくださるおかげだと思います」と応じつつ、「溝端くんのこともすごく頼りにしています。私より年下なんですけど、とても優しいお兄さんのような感じで、いつもいっぱいお話してくださいます」と続け、抜群のチームワークで撮影が行われていることをアピールした。

 会見では、本作のサスペンスの展開は14年前に起こったある事件が大きな鍵を握っているということで、キャスト陣の14年前の写真が公開される一幕も。すると、波瑠と本仮屋は眉毛が細い写真が、林と溝端はともに反抗期真っただ中に母親に撮ってもらったものが披露されるなど、思わぬ共通点が見つかりクロストークも大きな盛り上がりを見せた。

 さらに、本作のタイトルにちなみ、「最近ついたうそ」や「ずっとついているうそ」を聞かれると、波瑠は「数年間ずっと、毎日うそをついています(笑)」と即答。「私、家にイヌがおりまして、毎日『すぐ帰ってくるから! じゃあね!』と言って出かける」と話し、ほっこりするエピソードで会場を和ませた。

 続けて、林は「15歳で事務所に入った頃、オーディション用プロフィールの“特技”欄に、かじったことがある程度の書道とギターを書いた」と白状し、溝端は「溺愛しているめいっ子に『好きなアイドルがいるから、サインもらってきて』と頼まれ、全然ツテもアテもないのに、『分かった! 俺に任せておいて』と言っちゃった」と反省。

 本仮屋は「中学の時にテニス部を途中退部したのに、最後までやり切ったふうを34歳まで装っていた」、黒川は「数年前に食器を割ったことを正直に言えなくて、同じものを探して買いに走って、今日まで家族にはバレずに過ごしている」、新川は「小さい頃、父親に『メンマは割り箸を醤油で漬けたものだ』と教えてもらっていた。そのうそを最近、地元の友達の子どもに伝えたらすごく信じた」と告白していた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.