News ニュース

中川大志が「親バカ青春白書」でムロツヨシをヤキモキさせる!? 永野芽郁の恋人候補役2020/06/12

 中川大志が、今夏スタートの日本テレビ系連続ドラマ「親バカ青春白書」(日曜午後10:30、開始日未定)に、ムロツヨシと永野芽郁が演じる小比賀親子が共に通う大学の同級生の1人、畠山雅治役で出演することが分かった。中川は「尊敬する大好きな先輩・ムロさんの、ゴールデン・プライムタイム初主演のドラマであり、憧れの福田(雄一)監督が手掛けるオリジナル作品に参加できること、本当にうれしく思います。ずっとワクワクしています」と喜びを語っている。

 ドラマは「今日から俺は‼」(同系)チームの最新作で、娘を溺愛するあまり、娘と同じ大学に入学した親バカでシングル・ファーザーのガタローこと小比賀太郎(ムロ)と、父と同級生になった娘のさくら(永野)が、大学生活を送る中で絆を深めていく家族の愛の物語だ。

 中川演じる畠山は、大学入学とともに、秋田県から上京した真面目な青年という役柄で、「どこまでも普通」という平凡な人生をどうにかして変えたいと心の底から思っているキャラクター。さくらからは、好意を持たれていることもあり、逆に、ムロ演じるガタローからの圧力はかなり強め。娘とも父親とも仲のいい同級生グループの一員という、少し普通じゃない状況の中でも、けなげに生きる、ちょっと愚直な人物を演じる。

 中川は「まさか、ムロさんと同級生を演じる日が来るとは思ってもいませんでしたし、娘・永野芽郁ちゃんとの三角関係?(笑)も、どうなっていくのか…。予想のつかない展開で、僕自身も本当に楽しみです。ライバル、ムロさんをいっぱいヤキモキさせられるように頑張ります」と意気込みを語り、「家族みんなでテレビの前で笑って、明日からの仕事や学校が楽しみになるような、そんな日曜の夜になったらいいなと思います」と期待を寄せる。

 中川との共演経験は多いものの、「実はドラマよりもコント、といいますか。ちょっと違う世界で一緒にやってるんで」と笑うムロは、「今回の共演は非常に心強いですね。彼は、若いわりに落ち着いてるな~って思うし、頼もしいっていう面もありますし、初々しさもありますね。いろんなものが混じっているすてきな役者さんだなと思います」と称賛。

 そして「実はこの前会ったんですけど『ムロさん、お世話になります』って。『え!? 決まったの?』って言ったら、『はい、決まりました』って。『福田組すっごい緊張します…』と言っていたんですが、緊張したままにしてやろうと思ってます(笑)。ムロ『大丈夫だよ!』なんて甘い言葉は絶対投げかけません(笑)」と先輩として見守っている様子。

 高明希プロデューサーは「『家政婦のミタ』(同系)で中川くんを初めて見た時から、事あるごとにオファーし続け、今回ようやく念願がかないました。『今日から俺は‼』を通して、福田監督と若い俳優さんとの出会いが、現場で何倍にも膨れ上がる様子を目の当たりにし、今回も福田監督との初めてが面白くなる方々に出演してもらいたいと思い、実際、中川くんを筆頭にすてきな方々が集まってくれました。中川くんがムロさんをどんなふうにやきもきさせるのか、お楽しみください」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.