News ニュース

「ゴチ」初参戦・氷川きよしの知られざる私生活&料理のプロ級腕前が明らかに!2020/06/11

 6月11日に日本テレビ系で放送される「ぐるぐるナインティナイン」(木曜午後7:00)で、オンラインでの「ゴチになります!」第2弾を開催。メンバーは番組が用意した人気のテークアウトグルメ4品の合計金額を予想し、実際の金額から一番離れている挑戦者が全員分の料理代金を支払わなければならない。

 ゲストは初参戦の氷川きよしで、テーマは「心も体もキレイに!ゴチ」。氷川は「気合を入れて」ときらびやかな衣装で意気込み、登場にもアイデアを盛り込む。そのグルメ遍歴は、神田伯山の先輩講談師・神田山緑が紹介。氷川が少年時代に犯した大失態や、大好物であるクリームパンにまつわるダイエット作戦など、仰天エピソードが続々明らかになっていく。

 さらに、料理が得意な氷川が「芸能界一」と自負するものをクイズで出題。自ら作ったその出来栄えに、メンバーは驚きを隠せない様子。一方、本田翼は自宅での“ワンハンド飯”を公開され、一同から総突っ込みを受けることに。

 高級店の人気テークアウトメニューに挑む今回のバトル。出演者はそれぞれが自宅のように電子レンジで温めて賞味する。氷川は奇麗な“レンチン姿勢”を披露。東京・浅草の家庭的フレンチが提供するスイーツの食材には、フォアグラ、トリュフ、白桃を使用。スイーツづくりも上級の腕前を持つ氷川も「ぜいたくすぎて胃がびっくりしている」と難しい価格予想に驚きを見せる。

 第1弾の「オンラインゴチバトル」は特別編の扱いで、金額予想を最も外したメンバーの自腹金額が“クビレース”に影響することはなかったが、今回は加算される。また、100万円を獲得できる“ピタリ賞”も復活。品数が普段の「ゴチバトル」よりも少なく、現在総額38万5300円の自腹を切ってレースで最下位独走中の田中圭が巻き返しを目指す。

 これまで好調なレース運びを見せていた千鳥・ノブが前回初めて最下位になったことで、SNSでは大きな盛り上がりが起こっていた。オープニングでは「#ノブ負けろ」というハッシュタグがトレンド入りしたことに対して、ノブからの嘆きの声が上がっていた。

 高額金額の自腹に緊張のあまり「寝れなかった」という氷川、ピタリ賞をたたき出してレース最下位から脱出を目指す田中、大事な場面で回線がダウンしてしまう増田貴久らが期待を寄せて臨んでいる中、奇跡的な結果が待ち受けている。

 さらに、「体もキレイに」ということで、ジョイマン・高木晋哉も登場し、自身のラップネタと掛け合わせた「ジョイサイズ」という謎のエクササイズを考案。本田が「すごくやりたくないです」と嫌がるなど、メンバーからは不評だが…。そして、“おみや”を懸けて繰り広げられる氷川の名曲「きよしのズンドコ節」に合わせたリズムゲームでは、まさかの事態が発生する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.