News ニュース

宇垣美里、黒木華主演「ゴシップ」劇中のワイドショーMC役に2021/12/23

 大鶴義丹、宇垣美里が、フジテレビ系で2022年1月6日にスタートする連続ドラマ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」(木曜午後10:00)にレギュラー出演することが決まった。

 同作は、大手出版社「クスノキ出版」が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の編集部員を主人公に、そこで働く者たちの仕事、生き方や恋愛を通して新時代の“人と人とのつながり”を描く、完全オリジナルの社会派“風”お仕事エンターテインメント。主演の黒木華は、あるきっかけで経理部から「カンフルNEWS」の編集部に異動する瀬古凛々子を演じる。

 凛々子は、編集部員の根津道春(溝端淳平)や下馬蹴人(野村周平)、椛谷静司(野間口徹)らと出会い、「PV(ページビュー)数を伸ばす」という目的のために取材をしていた凛々子だったが、ネットニュースを配信しているうちに、世の中で必要とされていないと思っていたネットニュースの仕事を、少しずつ意味のあるものに変えていく。

 大鶴と宇垣が演じるのは、凛々子や「カンフルNEWS」の編集部員たちが劇中で見るワイドショー番組「ハヤミミ!」のMC役。世間で騒がれている注目のニュースを取り上げる一方で、司会者がネットニュースに批判的な発言もするなど、「カンフルNEWS」の編集部にとっては相いれないような存在だ。しかし、凛々子がこの番組を見ながら“取材のネタ”をひらめくなど、作中で重要なポジションを担う。

 名物司会者・竹富喜一郎に扮(ふん)する大鶴は「ワイドショーの司会役と聞いて、これはいろいろとアイデアを試せると思いました。若い時の、みのもんたさんを少し意識しています。また、ドラマの中で流れるワイドショー『ハヤミミ!』のスタジオでは暴走気味の私を、宇垣さんやコメンテーター役の新井義幸さんが、たしなめるような、そんな感じで撮影しています。こんなワイドショーがあったら、毎日見たい!と、思われるような芝居を心がけていきたいです」と意気込む。

 一方、フリーに転身後、初めてアナウンサー役を演じる宇垣は「アナウンサーの役というのは、会社員の時にもお仕事でいただいたことがあったので、『あ、やったことある』と思いました。もしかしたら、あえて演技する必要もないのかもしれないなと思いながら、出演のお話を伺いました」と明かす。

 撮影については「自分にとって慣れ親しんだ舞台ということもあって、その点ではとても落ち着いて臨めているのではないかなと思います。それに司会役の大鶴義丹さんやコメンテーター役の新井義幸さんの服装がすごくかわいいんです。毎シーン、違う日の設定なので何度も衣装を変えたりするのですが、毎回お二人の衣装がすごくかわいいなと思いながら見ています!」と楽しんでいる様子で、「フィクションではあるのですが、そのちらっと出てくるニュースのシーンがなじみのある情報番組になっていると思うので、フフッと笑っていただけたらいいなと思います」と語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.