News ニュース

和田アキ子の4億回再生「YONA YONA DANCE」が「おいハンサム!!」のOPテーマに決定2021/12/10

 TikTok、YouTubeを中心に大ヒットしている和田アキ子の新曲「YONA YONA DANCE」が、フジテレビ系で2022年1月8日スタートの連続ドラマ「おいハンサム!!」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)のオープニングテーマに決まった。

 本作は、東海テレビが日本映画放送と初タッグを組んで共同製作する、家族×食×恋をテーマにしたコメディー。何かと融通が利かない父・伊藤源太郎(吉田鋼太郎)と、男を見る目がない3姉妹、そしてすべてを超越した母が織り成す物語だ。

 「ランチの女王」(フジテレビ系)を手掛けた山口雅俊氏が、かねて映像化を熱望していた漫画家・伊藤理佐氏による「おいピータン!!」「おいおいピータン!!」(講談社「Kiss」連載)を中核に、令和の現代にアップデート。「渡る世間はオヤジばかり」「チューネン娘。」「あさって朝子さん」など、数ある人気コミックをモチーフにファン垂涎(すいぜん)の映像化となる。吉田のほかにも、伊藤家の3姉妹に木南晴夏、佐久間由衣、武田玲奈が、母親役にはMEGUMIが起用されている。

 主演の吉田は「4億回もの再生を誇り、中高生で知らない人はいないと言われる『YONA YONA DANCE』がドラマのオープニングテーマになるのはすごいこと! しかも、大先輩であり、芸能界の大御所、とてつもないプロの和田アキ子さんの曲だなんて!」と喜び、「和田さんが歌うと、外国の曲かと思うくらい“新しいフィーリング”を感じますし、そんなすごい曲を『おいハンサム!!』に使わせていただけるなんて非常に光栄です!」と大いに感激している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.