News ニュース

「ぼくらの勇気 未満都市2017」に矢田亜希子と小原裕貴も帰ってくる! 新キャストとして向井理、道枝駿佑らの出演決定2017/06/26

 日本テレビ系で、7月21日に、金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画として20年ぶりに復活を遂げる「ぼくらの勇気 未満都市2017」(午後9:00)。主演の堂本光一、堂本剛のほか、嵐の相葉雅紀、松本潤といった当時出演していたキャストが続々と集結する中、今回、光一扮(ふん)するヤマトの恋人・スズコを演じていた矢田亜希子や親友・キイチを演じていた小原裕貴の出演も決定。さらに、新キャストとして向井理や道枝駿佑(関西ジャニーズJr.)の出演も明らかになった。

 20年振りの再会に、矢田は「当時18歳だった私にとって、とても印象に残っている作品です。20年たった今、再びこの作品に参加させていただけることがとてもうれしく、大変感謝しております。当時の映像を見返しながら、今現在では大人になったスズコという女性がどう生きてきたかと、いろいろと想像をふくらませながら精いっぱい演じていこうと思っております。とにかく、現場に行くのが楽しみでもあり、同じ役柄を20年という月日がたってから演じるということに、もうドキドキでした!」と語っている。

 また、2000年に芸能界を引退しており、現在は会社員であるため、今回17年ぶりのドラマ出演となる小原は、「プロデューサーさんから話を聞いた時は驚きましたが、KinKi Kidsさんの記念すべき20周年に少しでも貢献できればと、出演を決意しました。演技は久しぶりでとても緊張していますが、皆さん温かい目で見守っていただければ幸いです」とコメント。

 教師となったヤマトの生徒役として出演する道枝は、「このドラマのお話を頂いた時は、KinKi Kidsさんの20周年記念に携われるということで、すごくうれしかったです! 僕は光一くんの生徒役で、クールで少し世の中をなめているけど、信じたことには真っすぐで全力な役柄です! KinKi Kidsさんや他の諸先輩方の迷惑にならないように一生懸命頑張ります!」と特別な作品に出演する喜びを表した。

 そして、ヤマト、タケル(剛)と対立する組織のキーマンとして出演する向井は、「20年の時をへたこのドラマ。まず、参加させていただくことに感謝です。当時は描かれなかった新たなキャラクターですが、彼もまた同じ時代を生きた人間です。それがどう物語と絡むのか。彼の信念にもご期待ください」と重要な役柄を演じることに意気込んでいる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.