News ニュース

KinKi Kidsデビュー20周年記念で「ぼくらの勇気~未満都市SP」放送決定!!  20年ぶりに再会の約束が果たされる! 2017/05/16

 1997年に日本テレビの土曜9時枠で放送された連続ドラマ「ぼくらの勇気~未満都市」。あれから20年。主演を務めた、当時18歳のKinKi Kidsが結成20周年を迎えることを記念し、特別企画「ぼくらの勇気~未満都市 SP」(仮題、日時未定)が今夏放送されることが決定した。

 「大地震が起きた」とニュースが流れたとある町。友人を探しにきた高校生のヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)は厳しい警備をくぐり抜けてフェンスに囲まれた町へと侵入するが、そこに広がっていたのは大人が死に絶え、子どもたちだけになった無秩序な世界だった。ヤマトとタケルはさまざまな問題を乗り越えながら、暴力に支配された町で生き抜いていく。ドラマの最終回で、「20年後、またこの場所で会おう」と言って別れた彼ら。今回放送されるスペシャルドラマでは、その約束の日に再会を試みるかつての少年たちの姿を描く。「あの頃の僕たちがなりたかったのはこんな自分だったのか?」というそれぞれの思いを胸に、彼らは再び仲間のために立ち上がる。

 ヤマトを演じる堂本光一は、「大人たちに立ち向かっていた自分たちが今は大人になり、逆の視点から感じた真っすぐな思いを再びヤマトを通して表現できる楽しみをかみしめています」とコメント。また、タケル役の堂本剛も、「多感な時代に出会ったスタッフの皆さんとまたこうして一緒にものづくりができるご縁に感謝をしながら楽しみたいと思います」と、20年前の自分とスタッフの関わりについて語った。前作同様、演出は堤幸彦氏、プロデューサーは櫨山裕子氏が担当し、制作陣も20年前と同じ布陣で臨む同作。視聴者も20年前とは違った目線で楽しめるドラマとなりそうだ。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.