News ニュース

相葉雅紀ら「VS魂」メンバー、「2021FNS歌謡祭」で番組主題歌の生歌唱が決定2021/11/19

 フジテレビ系で放送中のバラエティー「VS魂」(木曜午後7:00)の“魂メンバー”6人が歌うオリジナル主題歌が完成。サンボマスターの山口隆が作詞・作曲を手掛ける「New Again! Again and Again!」が、11月18日の放送で初公開された。

 同番組は、キャプテンの相葉雅紀、キャプテン補佐の風間俊介をはじめ、佐藤勝利(Sexy Zone)、藤井流星(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)の“魂メンバー”が、毎回趣向を凝らしたさまざまな対決を繰り広げるゲームバラエティー。

 10月7日の放送での「反省会トーク」で、相葉が提案した「番組の主題歌を作りたい」という一言をきっかけに始動した主題歌プロジェクト。「この番組のテーマは“戦い”だし、視聴者の方たちも日々何かと戦っている。そんな皆さんを、少しでも勇気づけることができたら」という相葉は、かねて大ファンだというサンボマスターに曲作りを依頼することを決意。藤井と2人でサンボマスターのもとを訪ねて直接交渉するなど、熱い思いが実り、「何度でも新しくなれる」「未来と過去を/何度でも塗り替えて」といった前向きなメッセージが込められた、まさしく「すべての“戦う人”へ贈る応援歌」ともいうべき楽曲が出来上がった。

 11月18日の放送では、数日前にレコーディングを終えたという6人が一堂に会し、完成したばかりの楽曲をみんなで初めて聴くことに。歌のレコーディングに初挑戦した風間が「(レコーディングスタッフから)びっくりするくらい褒められたの。『風間さん、完璧ですよ』って」と裏話を明かすも、「でも、『このままでもいいけど、せっかくだからもう1回録りましょう』って言われて。それが繰り返されて結局5回ぐらい録った」と告白し、みんなを笑わせた。

 そして、レコーディング風景や、番組の対決の名場面が盛り込まれた映像とともに楽曲が公開。聴き終えた6人は、口をそろえて「めっちゃいい曲!」と感激しきり。相葉が「録り直したい人いる? 大丈夫?」と冗談交じりに尋ねると、全員が首を横に振り、「全力を尽くしました!」(岸)、「6人の声がいいバランスでしたね」(佐藤)、「どのグループの声に寄ってるわけでもなく、“この6人”の声になってますよね」(藤井)と、うれしそうに感想を語り合った。

 さらに、「New Again!Again and Again!」を引っ提げて、相葉が司会を務め、12月1日に同局で放送の「2021FNS歌謡祭」(午後6:30)において、6人全員で楽曲を生披露することも決定した。

 音楽番組に出演するのは18年ぶりくらいだという風間は、「ありがとうございます…」と若干微妙な表情を見せる。「だって浮所、『FNS(歌謡祭)』よ?」と、音楽番組初出演となる後輩に水を向けると、それまで立ち上がって「やったー!!」と喜んでいた浮所は「確かに、(ジャニーズ)Jr.で『FNS歌謡祭』に出た人って、思い出す限り1人もいないんですよ」と神妙な口ぶりになる。しかし、相葉が「どうする? 出る?」とあらためて確認すると、「出ます! 絶対出ます! 出させてください!!」と意気込んだ。“魂メンバー”6人の、新たなる挑戦に注目だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.