News ニュース

なにわ男子が最新テクノロジーで超接近!「いろんな視点で僕たちの『初心LOVE』を楽しんで」2021/11/12

なにわ男子×SofBbank「なにわ男子。超接近」プロジェクト

 ソフトバンク株式会社は、本日11月12日にCDデビューした7人組アイドルグループ・なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)とコラボレーションし、「なにわ男子。超接近」プロジェクト(https://www.softbank.jp/mobile/special/naniwadanshi-chosekkin/)を始動。同日から、新テレビCM「なにわ男子、超接近。」篇(https://youtu.be/E3QZHi_rjy4)の放送をスタートし、ソフトバンクのコンテンツ配信サービス「5G LAB」で、なにわ男子をより身近に感じることができるオリジナルのXR(クロスリアリティ)コンテンツを順次公開する。

 本プロジェクトでは「5G LAB」において、デビュー曲「初心LOVE(うぶらぶ)」を披露するなにわ男子のオリジナルパフォーマンスを、まるで目の前にメンバーがいるかのように見えるVR映像や、自分好みの映像で楽しめるFR映像、そしてメンバーを好きな場所に登場させて楽しむことができるARコンテンツで配信。

 さらに、ライブパフォーマンス以外にも、メンバーが超接近して優しく話しかけてくるVR映像や、メンバー自身が3Dアバターとして登場するARゲーム「AR Next ~ハート投げゲーム~」など、臨場感あふれる体験でなにわ男子の魅力を存分に味わうことができる。また、ソフトバンクの店頭ポスターにスマートフォンをかざすとメンバーからの特別メッセージを聞ける音声ARも展開中。

 CMは、プロジェクトの開幕と、なにわ男子とコラボしたXRコンテンツの魅力をアピールする内容。部屋で落ち込んでいる女性を白戸家のお父さんが励ますシーンからスタートすると、女性はいきなり誰かに“壁ドン”され、すぐ目の前に道枝の顔が迫る。「元気出せよ。おいで」という道枝についていくと、部屋の壁が左右に開いて、奥からライブ会場でパフォーマンスするなにわ男子が姿を現す。落ち込んでいる女性のために、心を込めて曲を披露するメンバーたち。その様子を感動の面持ちで見守る女性をめがけて、なぜか長尾がステージ上からハートを投げてくる。すると今度は、なにやら不思議な空間に場面が変わり、メンバーと女性、お父さんたちがあちこちでハートの投げ合いを始める。そんな中、西畑が投げたハートが命中し、キュンとなって頬を赤らめるお父さん。カメラが引いていくと、そこは女性の部屋の机の上で、ハートの投げ合いは、スマホのARゲームだったことが分かる。そこで、ライブシーンも壁ドンも、実はVRだったと種明かしされるというストーリーだ。

 グループとして初めてソフトバンクのCMに出演し、白戸家のお父さんと念願の初共演となったメンバーは、セットで出番を待っていたお父さんを見つけると、「あ、お父さん!」「本物や!」と興奮気味に近づき、「初めまして、なにわ男子です」と自己紹介。

 大西と西畑は、早速顔を寄せてきたお父さんの首をさすりながら、「モフモフしてる~」と無邪気な笑みを浮かべ、長尾と高橋も「ずっとテレビで見ていたので、感動しています」とうれしそうな表情を見せた。その際、お父さんの睡眠時間が気になった長尾が、スタッフから「2、3時間」と教えられると、横で聞いていた藤原が「ナポレオンと一緒だ」と、有名なフランスの英雄のエピソードとなぞらえた。

 道枝が壁ドンするシーンは、女性に見立てたカメラに向かっての撮影だったが、ファンはもちろんのこと、同性が見てもドキッとするほど魅力的な表情を披露し、あっという間にOKになったという。

 続いて、デジタル広告用として、1人ずつバストアップの動画を撮影。「君には一番近くで応援してほしいんやけど」「俺から離れたらあかんで」など、ワンカットのストレートトークで甘いセリフを連発し、モニター越しにもかかわらず、キュンキュンする人たちを増殖させた。

 そして、ライブシーンは、ピンクを基調としたキラキラのステージ衣装で、息の合ったパフォーマンスを見せる姿が見どころだが、本番の途中からセンターで踊る道枝の振り付けが合わずにずれてしまうハプニングが発生。カットがかかった瞬間、左右のメンバーが一斉に道枝の方を向き、「おーい!」「何やってんねん!」「振りが全部逆で踊っとった!」などと笑いながら、総ツッコミを入れると、これには思わず道枝も「すみませんでした」と平謝り。それでもすぐに気を取り直し、メンバー全員が次のテークでこの日一番のパフォーマンスを披露すると、現場からあふれんばかりの大きな拍手と歓声が沸き起こった。

 さらに、VR映像の撮影では、360°カメラをぐるりと囲んだなにわ男子のメンバーが順番に入れ替わり、それぞれ正面に立った時に顔を超接近させてアピール。ファーストテークで、トップバッターの大橋変顔が画面からはみ出そうなほど超ドアップで映っていたため、プレーバックを確認したメンバー全員が大爆笑。あまりの面白カットに大橋自身も一緒に手をたたいて笑ったものの、「ちょっと嫌やねんけど、これ」と思わず本音がポロリ。

 道枝は過去にCMで白戸家のお父さんと共演済みだが、今回が初共演となった大西は「CMで何度も拝見していましたが、もしかしたらあんまり僕たちみたいな明るさはないのかなと思っていたら、めちゃくちゃしっかりしていて、無邪気で、かわいいお父さんでした」と述べ、西畑から「一番遊んでたもんね」とツッコまれると、「でも、本番になるとキリッとして、見習うところもたくさんありましたね」と返答。西畑も「ほんまにそうよ。しかも、国民のお父さんっていっても過言ではないやん。なんかめっちゃミーハーやけどさ、『本物やー!』ってなったもんな」と笑顔で応じた。

 CMで、道枝が壁ドンで女性を元気づけるシーンがあることから、メンバーならどんな方法で元気づけるかを聞かれると、道枝は「2人ならいっぱいあるでしょ?」と大橋と藤原に話しを振り、西畑が「そうね。元気印の2人やからね」と後押し。すると、「そうやで。元気です!」と答える大橋とは対照的に、藤原は「ちょっと待って。そんな感じで俺らのこと思ってたん?」と反応。高橋が「あれやろ、元気の登竜門みたいな」と表現すると、西畑は「それも分からんわ」とすかさずツッコミを入れた。そんなやりとりの中、藤原は元気づける方法を「それはもう、笑かしてあげることが一番じゃないですか」と発言。高橋から「素晴らしい」と褒められるも、西畑から「じゃあちょっと笑かしてもろうていい、今?」と早速リクエス。それを受け、藤原は「顔で5Gを表現します」と顔芸を披露。長尾は「あー、5Gですねー(笑)」とリアクションし、大西は「素晴らしい! すぐ元気が伝わってきましたね」と称えた。

 加えて、キャッチコピーの「なにわ男子、超接近。」を受けて、メンバーがこれから超接近したいものについて、長尾は「やっぱりジャニーズのデビュー組として、これまでデビューした先輩方に超接近したいですね。Snow Manさん、SixTONESさんから、上は東山(紀之)さんまで」と告白し、西畑も「いまだに自分たちがデビュー組なんだというソワソワ感もまだあったりしますもんね」と共感。一方で、高橋は「僕は人類というか、世界に超接近してみたいと思います」と宣言。西畑から「その心は?」と聞かれると、「いろんなところに住んでいる人たち、皆さんにみんな視野を広げて、超接近していけたらなと思います」と回答。すると西畑は「それこそソフトバンクさんの『5G LAB』とコラボさせていただいて、そこから超接近していくと」と上手にまとめた。

 最後に、オリジナルコンテンツの見どころに関して、道枝は「本家のMV(ミュージックビデオ)はかわいい感じだったんですけど、今回のMVはすごくおしゃれな感じになっているので、かわいらしい曲とおしゃれなセットで、すごく新鮮な感じになっているんじゃないかと思います」と明かし、西畑は「ARもあればVRもFRもあると、いろんな視点で僕たちの『初心LOVE(うぶらぶ)』を楽しんでいただけると思います。ARだと、自分が見ているところになにわ男子が出てきたりしますから、なんかそのちっちゃい僕たちを見ていただけたらと思います」とアピールした。

 なお、本コンテンツは、「VR SQURE」(https://stn.mb.softbank.jp/25a7c)、「FR SQURE」(https://stn.mb.softbank.jp/P8j78)、「AR SQURE」(https://stn.mb.softbank.jp/Y0d2X)、「AR Next~ハート投げゲーム~」(iOS=https://stn.mb.softbank.jp/x4m2z/Android=https://stn.mb.softbank.jp/o4P7P)の各アプリをダウンロードすれば、無料で楽しむことができる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.